シーコング店長ブログ

シーコング各店より毎日お得な情報をお届けいたします。


f:id:SEAKONG:20181205180050j:plain

ポルトガルのラゴスより、明日はカリフォルニアよりNEWクリーム&NEWエルモアが入荷します!!

こんにちは。

 

大阪店 中野です。

 

f:id:SEAKONG:20220330105226j:plain

明日木曜日にカリフォルニアよりクリーム18本とエルモア8本が入荷する予定です!!

 

そして、さらに予定通りなら!?

明後日金曜日にはオーストラリアよりガトヘロイが9本入荷予定となっております!!

 

f:id:SEAKONG:20220330111734j:plain

クリームの商品ページはこちらから!!

f:id:SEAKONG:20220330111757p:plain

エルモアの商品ページはこちらから!!

f:id:SEAKONG:20220330111815p:plain

ガトヘロイの商品ページはこちらから!!

 

ガトヘロイに関しては通関の手順によっては若干日程が遅れる可能性もありますが、入荷がどんどん続いております。

4月もさらにウェーバー、ハーバーの入荷が控えております。

 

f:id:SEAKONG:20220330112105j:plain

ウェーバーの商品ページこちらから!!

f:id:SEAKONG:20220330112236g:plain

ハーバーの商品ページはこちらから!!

 

どうぞ今後とも続々と入荷する世界最高峰のサーフボードをお楽しみに!!

 

 

それにしても無事にホバンは合流できるのでしょうか??

先日プレイボーイを巧みに操るホバンのキレキレのショートクリップがアップされておりましたのでぜひご覧ください。

 

どうぞ今週の入荷をお楽しみに!!

よろしくお願いいたします。

 

シーコング 中野

f:id:SEAKONG:20220330113912p:plain

f:id:SEAKONG:20220330113926p:plain

//////////////////////////////////////////////

「お気に入りの曲なんだ」と通話が不可能な彼の携帯から流れてきた曲はなぜか坂本九の「上を向いて歩こう」で、ポルトガルの田舎の景色を眺めながらこのブログを書いています。


前回の翌日、いつでも行動を起こせるように朝8時にはシャワーと歯磨きを済ませ、またこれからどこに行って何をするのかも知らせれていないため、荷物をまとめて待機していました。

 

まあ彼も昨日は1000Kmの道のりをほぼノンストップでここまで来たので疲れているのだろうと、私も気長に待っていました。

 

9時、10時と時が過ぎ、11時ころになってようやく「疲れたー」と日本語で言いながら私の部屋にやってきました。

 

その後、何か話題を見つけてはしゃべりだし、結局、出発したのは午後2時。西海岸が風向きがいいということで向かう途中、ウッドボードを趣味で作っているおじさんの家に立ち寄り、午後3時。それから5分もしないうちに、若いシェーパーのシェープルームに立ち寄り午後4時。出発するかと思ったら、2件となりが貸し出しているとのことでロビンが借りたいと言い出し、建物内の寸法を測って午後5時。6時にビーチに着いたら「昼飯を食べてなかった。サーフィンの前に食べなきゃエネルギー不足で死んでしまう」と言って、もう薄暗いからいやだという私を無理やり連れ込んで、ようやく午後7時半に海に入りました。

 

そして真っ暗になった午後9時に海から上がるなり「ハラヘッター」と得意のセリフを連発して、「さっきお昼食べたばっかりだから」と言って拒否する私たちを無理やり近くのレストランに引っ張っていくのでした。

 

そこでまたいつものように勝手に人の食べ物まで注文し、最後にはこれもまたいつものように大量のデザートで締めくくるのでした。

 

帰り際「あー疲れた。あー疲れた。一人になってゆっくり休みたい」とこれまたいつものように勝手なことをのたまうのでした。

 

にもかかわらず、家に着いたら「ちょっとワインを飲もう。今日は大勢いるせいで1日を無駄にしたから明日は朝から行動しよう。人数がたくさんいると足手まといになるから、みんなちゃんと起きろよ」と言いながら2時過ぎまで私の部屋から出ていかないのでした。

 

翌朝、私は朝から準備万端でしたが、結局彼が起きてきたのは10時過ぎ。いつものように次から次に話題を見つけ出し、結局荷物をまとめて家を出たのが午後1時。途中、前日の貸し出し中の物件を見て、ビーチに着いたらこれまた「先にお昼を食べよう」と言い、そこでも長話をし過ぎて、結局海に入ったのは午後6時となりました。

 

それでも暗くなるまでの2時間くらいはオフショア頭サイズのポイントブレークでいくつかの写真を残すことができました。

 

そして夜はこれもまた前日の木のボードを作っている大工さんの家に夕食に呼ばれ、「早く寝よう」と言っていたにもかかわらず、結局ベッドに入ったのは午前2時を過ぎてしまいました。

 

そして今日はクレメントが「最高のコンディションだ」と言っているにもかかわらず、なかなか行動を起こさず、「持ってきた17本のテストボードにワックスを塗る前に、写真を撮ろう」と言い出し、今夕方の5時を迎えるところで、未だ2階のテラスで時間を浪費しているところです。

 

本来の予定では今日カリフォルニアからジオが、フランスからホバンが首都リスボンに来るので待ち合わせをしているところでしたが、ロビンの勘違いによってジオが明日来ることがわかりました。


「ホバンはどうする?」と皆が心配しているにもかかわらず「ホバンの車はぼろだから100㎞しか出せないんだ。だから行かなくていい」と、言い出したのです。

 

それでも皆が「ホバンは俺たちのことを待ってるんだよ」というと「だって車が遅いんだからしょうがないだろ。もういちいちホバンの名前を出して俺を困らせるのはやめてくれ。もうホバンのことは忘れよう」と恫喝し、「それより今日はゆっくりできたよかったな」と、一人で繰り返し言っているところです。

 

こんなブログを書いていると身勝手なロビンに振り回されている私に同情してくれそうなのですが、同時に写真をアップすると「なんだ、実際はずいぶん優雅で楽しそう」と見えるところが私にとってなんともつらいところですが、少しずつミッションをこなしておりますので、次回のブログをまた楽しみにお待ちください。

 



シーコング
田中