シーコング店長ブログ

シーコング各店より毎日お得な情報をお届けいたします。


f:id:SEAKONG:20181205180050j:plain

テイクオフが速いボードについて!、大阪店クリームファットキャットとカリフォルニアン

こんにちは。

 

大阪店 中野です。

 

f:id:SEAKONG:20220125130445j:plain

 

先週の入荷により大阪店にもクリームのボードが続々と入荷しております。

 

せっかく入荷しても事前のご予約中となっており、フリーのものはあまり残っていませんがが、"SOLD OUT"の表示が付かなければまだチャンスがあります!!

キャンセル待ちもできますので気になるボードがあればお気軽にお問い合わせください。

 

また、これからも続々とクリームのボードが入ってくる予定ですので、この先の入荷ボードが気になる方はぜひお問い合わせください。

 

 

ひさびさに大阪店にもファットキャットカリフォルニアンの両ボードが揃いましたので並べてみました。

f:id:SEAKONG:20220125130810j:plain

f:id:SEAKONG:20220125130826j:plain

左 カリフォルニアン  右 ファットキャット

 

スクエアテールのカリフォルニアンとピンテールのファットキャット

 

ウェーバーでいうところのパフォーマーとスタイリストのような関係性ですが、カリフォルニアンファットキャットはコンセプトが似て非なりとなります。

 

現在のクリームは、60年代の優雅でクラシックな時代に焦点を当てた、カリフォルニアの古き良き時代を思い起こさせる誰でも簡単にサーフィンを楽しめるイージーボードです。

 

特にファットキャットは非の打ち所がないぐらいのパーフェクトなデザインとなっており、適度なボリューム感と抜群の安定性、いとも簡単に波をキャッチできるため、中毒者続出の超人気ボードとして現在も君臨しています。

テイクオフが速く、コントロール性も抜群で、気持ちよく風を切るようなスピード感は実際に手にされてから絶対に後悔することがありません。

f:id:SEAKONG:20220125134006p:plain

初心者や女性の方、ショートボードやファンボードからの乗り換え、またベテランの方までありとあらゆる方にオススメできるロングボードですので、ご来店いただいた方には必ずご紹介させていただいているボードです。

またお話の中でも機会があれば必ず無料試乗ボードファットキャットにもお乗りいただいております。

f:id:SEAKONG:20220125134029p:plain

とにかくこれ1本さえあれば満足のいくサーフィンライフは約束されたようなものです。

 

 

f:id:SEAKONG:20220125134110j:plain

左 カリフォルニアン 右 ファットキャット

 

そんなファットキャットよりも、少しノーズライドに焦点を当てて作られているのがカリフォルニアンです。

 

若干のステップデッキ形状と、ファットキャットよりも少し薄くなったレール。

ファットキャットに比べて若干ボリュームが落ちますが、その分直進性とノーズライドに焦点が定められています。

f:id:SEAKONG:20220125134410p:plain

 

ボリュームが落ちると言っても、そこはクリームブランドですので抜群のスピード感からテイクオフも速く、軽快なピボットターンを奏でながら、ノーズライドに焦点を当てたは思えないほど、どんなコンディションも遊べるボードに仕上がっています。

 

f:id:SEAKONG:20220125134911p:plain

 

事実、カリフォルニアやオーストラリアのガトヘロイライダー達がこのカリフォルニアンでとても印象的なビデオパートを残しています。

 

調子がいい証拠ですね。

 

 

 

それでは2本を比べてみました。

f:id:SEAKONG:20220125135320j:plain

 

ノーズ部分

f:id:SEAKONG:20220125135349j:plain

 

テール部分

f:id:SEAKONG:20220125135457j:plain

 

レール部分

f:id:SEAKONG:20220125135705j:plain

 

ノーズロッカー

f:id:SEAKONG:20220125135802j:plain

 

テールロッカー

f:id:SEAKONG:20220125135746j:plain

 

はい、並べて撮ってみたんですが、目視でわかる範囲ではテール形状の違いぐらいですかね💦💦

細かな数字を測れば、ノーズ幅やボード幅、ロッカーの角度も若干異なりますが、上からあるいは横から見たアウトラインではそのディテールの差が目視でははっきりはとわかりにくいです。

 

ただし、ボードを抱えてみると明らかにボリューム感が違うのが分かります。

すぐにわかるほどカリフォルニアンのレールが薄く少しシャープに感じるかもしれません。

またカリフォルニアンの方がボトムがよりフラットに感じます。

 

f:id:SEAKONG:20220125141407j:plain

 

ファットキャットにはしっかりとしたボリューム感があり、このボリューム感があればこそ、海に行ってどんなコンディションでも躊躇することなく、自信たっぷりにボードケースからファットキャットを引っ張り出せそうです。

 

少しボリュームが落ちますが、その分しっかりとしたスピード感で十分テイクオフが速く、何故かウェーバーにも負けないほどのテイクオフ性能を誇るカリフォルニアン。またノーズライダーがコンセプトなのに、ノーズコンケーブもなく従来のノーズライダーとは一線を画すスピードとターン性能を重視したところに興味を惹かれるところです。

 

個人的には去年ずっとファットキャットに乗っていましたので、今はカリフォルニアンが気になって仕方ありません。

 

カイ・エリスのあんなライディングを見せつけられては尚更その思いが強くなります。

 

ファットキャットのみですが、無料試乗ボードも貸し出ししておりますのでぜひその性能を肌で感じてみてください!!

 

多くのものがご予約中となっておりますが、予約中となっていてもキャンセル待ちもできますし、この先の入荷ボードもご案内できますので、お気軽にドシドシお問い合わせください。

 

本日もクリームが5本大阪店に入荷しております。

これからも続々と入荷してまいりますのでお問い合わせお待ちしております!!

それではどうぞよろしくお願いいたします。

クリームファットキャットのお問い合わせはこちらから!!

クリームカリフォルニアンのお問い合わせはこちらから!!

 

 

 

話は変わりまして、音楽ネタを。。

 

以前から注目していたソウル歌手のリオン・ブリッジスが、オリエンタル・ファンクバンドの”クルアンビン"との注目のコラボレーション第2弾を発表いたしました。

あまりにもかっこよかったので🌻🌻

 

f:id:SEAKONG:20220125143920j:plain

f:id:SEAKONG:20220125143741j:plain

Leon Bridges


リオン・ブリッジスは、1989年はテキサス出身のソウルシンガーで、デビューアルバムが第58回のグラミー賞にノミネートされるなど、50年代~60年代のソウルミュージックに大きく影響されたアーティストです。

f:id:SEAKONG:20220125152006p:plain

 

まるでサムクックを彷彿させるようなデビューアルバムは、ソウルミュージックへのまた新たな息吹を感じる作品として多方面から多くの評価を得たアルバムでした。

f:id:SEAKONG:20220125151504j:plain

 

リードトラックの『Coming Home』にノックアウトです。

 

 

そのリオン・ブリッジスが、同じテキサス出身のオリエンタル・ファンクバンドである"クルアンビン”との第2弾のコラボレーションが実現しました。

 

f:id:SEAKONG:20220125152202j:plain

Khuruangbin

 

女性ベーシストであるローラ・リー率いる60年代~70年代のタイ・ファンクに影響を受けたという、オリエンタルなサウンドを持ち味としたいうファンクバンドです。

タイ・ファンクとは何とも聞きなれない言葉でしたが、とにかく心地よいグルービーなサウンドでここ最近はボーカル曲にもチャレンジており、益々その音楽性の幅を広げているバンドです。

f:id:SEAKONG:20220125152705j:plain

日本ではフジロックにも出演しており、来日公演は即完売の人気バンドです。

 

 

その、クルアンビンのラブコールから実現したリオンブリッジスとの第2弾コラボレーションです。

味のあるMVに思わずニンマリですが、とても心地よいサウンドにノックアウトです!!

 

『B-Side』

 

いやぁ~音楽って本当にいいもんですねぇ♪♪♪

 

はい、それでは本日もご来店お待ちしております。

シーコング 大阪店 中野

 

//////////////////////////////////////////////////////

藤沢店の田中です。

 

先週の金曜日、久しぶりにカリフォルニアから36本のクリームのボードが届きました。


すでにほとんどのボードには予約が入っていますが、徐々に現地のファクトリーも通常稼働に近づいてきていますので、まだご希望のボードが届いていない方、これから新しいボードを探そうかという方々、ぜひ今後も期待してお待ちください。

 

 


ウェーバーの『パフォーマー』、『スタイリスト』と並び、絶大な人気をいただいているクリームの『ファットキャット』。

 

その人気の秘密は何と言ってもそのボード幅から生み出されるテイクオフの速さです。

 

f:id:SEAKONG:20220124181436j:plain



 

速いテイクオフができる理由を挙げてみますので、現在のボードに満足されていない方、次のボードをご検討中の皆様、ぜひご自分のボードと比べてください。

 

f:id:SEAKONG:20220124181519p:plain



 

●ボード幅

・・・ボード幅は絶対に59.0㎝以上必要です。女性でも男性でも、小柄でも、体重が軽くても、体格に比例して幅を狭めてしまっては、パドリング時のボードの安定感は得られません。

 

●ロッカー

・・・ロッカーはできる限り抑えられていなければなりません。ロッカーがないとパーリングしてしまうというのは間違いです。ロッカーが強いとパドリングのスピードが遅くなってしまい、波に追い越されるのでテールを持ち上げられてパーリングするのです。ロッカーが抑えられているボードはパドリングでボードが加速し波のスピードに同調させることができるので、パーリングはしないのです。

 

●アウトライン

・・・上述のように全体的に幅が広いほうがパドリング時のボードの横揺れを抑えるのでスピードが付きテイクオフが速くなりますが、波は後ろから来るのでテールの幅も広いほうがその力を十分に受けることができます。

テールの幅とは先端の形ではなく、テールから1フィート(30.5㎝)のところのボードの幅のことを言います。

ちなみに、スタイリストは 16 3/4インチ(42.5㎝)、ファットキャットは 16インチ(40.6㎝)あります。

 


●ボトム形状

・・・ボードの横方向の揺れを防ぐために、ボトム面は平らなほうが絶対に有利です。またボードのスピードを押し殺す縦方向の凹み(ノーズコンケーブなど)もテイクオフを速くすることの
妨げになります。

つまりノーズコンケーブ、VEEボトムなどはないほうがボードはスムーズに加速します。

 

f:id:SEAKONG:20220124181417p:plain

 


以上のような条件を併せ持つボードを、人によっては「動かない」と評します。


そのような方は、“ボードを動かすこと”(アップスして、ボードを縦方向に当てこんだりすること)がサーフィンのすべてだと思い込んでいるのです。


サーフィンは多様です。ショートやロングなどの長さの違いだけではなく、フィンの数やテールの形状も様々です。しかもそれらの目的や楽しみ方も無限にあります。


どれが一番ということではなく、サーフィンを楽しむためには、それらが生まれてきた歴史の流れを知っておくといいと思います。

 


ごくごく簡単に言えば、サーフボードの歴史はこのような感じで変化してきました。


1.クラシックタイプの重いシングルフィンロングボード

映画『ビッグウェンズディ』の中でマットジョンソンらが乗っていた、皆さんが想像するビンテージボードのような重くてロッカーのないボードです。

 



 


2.ロングボードが短くなる寸前の、進化したシングルフィンロングボード

1967年に制作された『ホットジェネレーション』中のライディングのようにロングボードが旧来の形を継承しつつハイパフォーマンス化したボードです。

 



 

 

3.急激に短くなったシングルフィンショートボード

ジェリーロペスらに象徴される短くボリュームがあり、ティアドロップ状に絞り込まれたアウトラインを持つショートボードなどです。

 



 

 

4.ツインフィン/フィッシュ

より縦方向の動きでコンテストシーンを席巻したボリュームがある初期のツインフィンボードなのです。


 

 

 

5.スラスター(3フィン)ショートボード

80年代頃より急激に進化し、現在も進化を続けるコンテストサーフボードの頂点です。

 



 

 

その後、ロングボードだけの流れだけを見ると

 

 

6.ショートボードのように動かすサイドフィン付きロングボード

薄くロッカーが強く、テールが絞り込まれたサイドフィン付きのロングボードです。乗りこなすためにはトリム&グライドではなく、アップスンで加速し続けなければなりません。

 



 

 

7.シングルフィンノーズライダー

ジョエルチューダーに代表されるようにパラレルなアウトライン、フラットのロッカー、スピードを抑える大きなノーズコンケーブの重量があるボードです。

 

 

 

 

8.スピードシェープ、グライダー

1960年代のコンセプトを踏襲しながら高性能にチューニングされたボードで、上記の鈍重なフィーリングの正反対に位置します。ロビンキーガルのクラシックキラー、ザーベルなどに代表されます。

 

 

 

 

9.ホットジェネレーション、トランジション系ハイパフォーマンスピッグ

古典的なロングボードが最も発展した1967年頃のロングボードの形状をデーンピーターソンによって復元された現在の世界のロングボードシーンの象徴的なボードです。アレックスノスト、ジャレッドメルらによって世界に広められています。

 

 

 

 

上記を見ると、3、4、5以外がロングボードの流れです。

 


このように時の流れによってロングボードも変遷を重ねているのですが、3、4、5を経験した方のほとんどが「サーフィン=ショートボードのようにボードを動かす」ということにこだわって(とらわれて)いるために、多くの方までもロングボードに乗ってもショートボードのように動かしたいと思ってしまい、6のようなボードを購入したり、7、8、9のタイプのボードを購入しているにもかかわらず、6のボードのようなスタイルで乗ろうとしたりするのです。


それは物理的に不可能なので、それらの方に言わせれば「ボードが悪い」となってしまい、さらに矛盾した深みにはまってしまうのです。

 

しかしこれらの流れを捉えていれば、「自分のボードは〇〇だから」と納得するのは簡単です。サーフィンの姿は時の流れにそって変化しているのです。

 

元来、サーフィンとは“ボードで波に乗ること”が目的です。


“波に乗ること”を楽しむために、まず環境に応じて小さい波でも、スキルがなくても“波に乗りやすい”ボードを選ぶことが重要です。

 

もちろんそのようなボードが動かないわけではありませんが、サーフィンの醍醐味は波に乗ることです。

 

だからどんなボードを選ぶ時でもまず「テイクオフがしやすいこと」は重要です。特に、週に1回しか海に行けない、海から離れた場所に住んでいる、まだまだ始めたばっかり、なかなか上達できない・・・という方々にとって、たくさん波に乗ることは最も重要です。

 

サーフィンは「自由」なものです。周りの人と同じように乗ったりする必要はないのです。


気持ちよく波を捕まえ、優雅に波に乗れれば最高です。


その楽しみを味わうために、今一度「テイクオフが速いボードの条件」をご覧ください。

 

ボード選びに迷ったら「サーフボード総合カタログ」をご覧ください!

f:id:SEAKONG:20220124190111j:plain

オンライン版はこちらから

無料の紙冊子版のご依頼はこちら

 

 

f:id:SEAKONG:20220124190242j:plain

★銀河系最速のテイクオフ、ウェーバー『パフォーマー』の在庫はこちら

 

 

f:id:SEAKONG:20220124190320j:plain

☆最速のテイクオフ&スーパーイージーライディングのウェーバー『スタイリスト』の在庫はこちら

 

 

f:id:SEAKONG:20220124190358j:plain

★この1本ですべてを網羅できるマジックボードの決定版クリーム『ファットキャット』の在庫はこちら

 

 

f:id:SEAKONG:20220124190428j:plain

☆ノーズライディングと簡単な操作性を完璧に両立させたクリーム『カリフォルニアン』のざいこはこちら

 

 

皆様のお問い合わせ、ご来店お待ちしております。

 


シーコング藤沢店
田中