シーコング店長ブログ

シーコング各店より毎日お得な情報をお届けいたします。


f:id:SEAKONG:20181205180050j:plain

BMT、クリーム、ダノー最新入荷情報&ロビン

藤沢店の田中です。

 

遅れが続いておりますが、今週金曜日はカリフォルニアよりクリーム、ウェーバー、ダノー、BMTが入荷いたします。

 

ウェーバーにつきましては中野から、ダノーにつきましては新井からご案内させていただきますので、私からはBMTとクリームにつきましてご案内させていただきます。

 


皆さんは「いつ何が入ってくるんだろう」、「予定はどうなっているんだろう」と楽しみに期待していただいていると思いますが、こんな私が申し上げるのもただの言い訳にもならないのですが、正直なところ私たちにも「何が届くのか」、「その次はいつ届くのか」ということはわからないに等しいのが実情です。

 

「それでも商売やってるのか!」とお叱りの声が聞こえてきそうですが、作っている工場で作業している一人一人が、いつの、何番目の、どのボードを作業しているのか把握しておらず、だいていにおいては工場自体も「シェーパーが持ってきたものを作業している」としか把握しておらず、その上、いつも順番にやっているわけではなく、手を付けやすい仕様のボードから作業していくという、なんとも前時代的な方法でボードが作られています。

 

そのために「先に頼んだこのボードを」とか「それは順番が違う」ということは、はなからそのような作り方をしていないために、話も通じない次第です。

 


おまけに、色の調合においても秤を使っているわけではなく、常に目分量と感覚だけなので、カスタムオーダーをいただくお客様から細かくご指定をいただいたり、「この写真と同じ色」とかいただいても、その通りに出来上がってくる方が珍しいくらいです。

 


日本人から見れば「?」と思うことだらけなのですが、彼らからすれば「それがサーフィンカルチャーだ」ということになってしまうのです。(けっして私がすべてに同感しているわけではありません)

 


古き良き時代のスタイルで、古き良き時代のようなサーフボードを作っていることが、彼らにとって一番重要なことなのです。

 


その(だらしないとも思われる)ライフスタイルや(昔のサーファーらしい)生き方に憧れることが、サーフィンという趣味をチョイスすることと同義なのです。

 


工場で大量生産されるエポキシ系のモールドボードやスポンジ製のボードとは、ただの性能やコンセプトだけではなく、それを選ぶこととは生きざまが違うんだと言わんばかりなのです。

 


最先端の素材やテクノロジー、大量生産のシステムで作られたものじゃなく、手作りで作られたものを愛するということがサーファーらしいのです。

 


だから「1本1本ハンドシェープでサーフボードを作っていても生きていけない」とわかっていても、それを貫くことで周囲から評価されるのです。

 


・・・言い訳ブログみたいになってしまい申し訳ございません。こんなことが書きたかったわけではなく、単に大量生産品とは違う魅力を持っているということを書きたかっただけです(申し訳ございません)

 


ということで、まずカスタムオーダーが気になる BMT by アレックスノストですが「ピンクのボンザー送ったよ、Yeah!」と突然ノリノリのメールが来たのですが、「おっと、これはカスタムボードだーっ」と、私も皆さん同様に期待してしまいます。

 


次にクリームですがこちらの情報は、11人のカスタムオーダーの方の名前が書かれています。ということは、この11本が来るのかなあと、こちらについても期待を膨らましている次第です。

 


最近、多くの皆様から「ロビンのインスタにボードがアップされているけど、日本に送ってくるの?」と、たずねられます。

 

最近アップされている写真は、ここ数年ロビンが開発に協力してきたリサイクルオイルを原料にして作られたフォームを使用したボードですが、このプロジェクトもいよいよ大詰めなのは確かなようです。

 

他のシェーパーとはまったく異なる視点でアプローチし、参加しているプロジェクトで今後のボード政策にも大きな影響を及ぼすので、早く順調に進んで欲しいなあと期待しているのですが・・・

 

せっかく順調に物事が運んでいる時でも、それを根本的に打ち砕くのが破壊者ロビンの真骨頂であることも間違いありません。

 

上手くいくことを期待しつつも、数年先にはそれがなかったように元に戻ってしまう姿を想像してしまう自分がいます。

 

いつ見ても「やっぱりロビンのボードは格好いい」とは思うのですが、もはやシェーパーという枠を超えて完全にアーティストの域に達した彼はこの先も永遠に破壊者であり続けるのだろうと思う次第です。

 

と、久々のブログも支離滅裂となりましたが、私たちスタッフ一同は一日も早く皆様にご希望いただいているボードを届けできるように努力してまいりますので、今後ともよろしくお願いいたします。

 


シーコング藤沢店
田中

 

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

こんにちは。

本日は江戸川店勤務の新井です。

 

今日は気持ちの良い天気ですねー。

f:id:SEAKONG:20210901155636j:plain

f:id:SEAKONG:20210901160148j:plain

先日お伝えさせていただきました通り、ダノーのボードが入荷いたします。

木曜日に日本に到着予定ですので、遅くとも週明けには藤沢店に入荷がありそうです。

今回の目玉商品商品はなんといってもこちらのホッグです‼

f:id:SEAKONG:20210901155711j:plain



 

こちらはダノーが出荷前にそのボードを撮影した動画です。

 

以前もブログにてお伝えいたしましたが、こちらのボードは現在ダノー本人が使用しているボードで、それと同じ仕様の色違いが4本入ってまいります。

 

ウッドのノーズ&テールブロック、ダブルストリンガー、凝りに凝ったレジンワーク、グラスオンフィン等々、超豪華な仕様なのでお値段は張りますが、それだけ貴重なボードでもあります。

こんなホッグが欲しかった‼

 

という方がいらっしゃいましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

事前予約も可能でございます。

 

f:id:SEAKONG:20210907153129p:plain

ブランド ダノー
モデル ホッグ
長さ(ft) 9.5ft
幅(インチ) 23インチ
厚み(インチ) 3インチ
重量(kg) 12kg
フィン シングル
素材 ポリエステル
付属品 なし
価格(税込) ¥310000
送料(ご自宅宛) ¥無料

【ボード説明】

シェブロンデザイン、セージグリーンパネル、カスタムストリンガー、ウッドテール&ノーズブロック
グラスオンフィン
8オンスボランクロス、高圧縮フォーム
オールハンドシェープ by ダノー
カスタム

→こちらの商品のご注文・お問い合わせはこちら

 

 

 

f:id:SEAKONG:20210907153149p:plain

ブランド ダノー
モデル ホッグ
長さ(ft) 9.7ft
幅(インチ) 23インチ
厚み(インチ) 3インチ
重量(kg) 12kg
フィン シングル
素材 ポリエステル
付属品 なし
価格(税込) ¥310000
送料(ご自宅宛) ¥無料

【ボード説明】

シェブロンデザイン、ライトブルーパネル、カスタムストリンガー、ウッドテール&ノーズブロック
グラスオンフィン
8オンスボランクロス、高圧縮フォーム
オールハンドシェープ by ダノー

→こちらの商品のご注文・お問い合わせはこちら

 

 

 

f:id:SEAKONG:20210907153203p:plain

ブランド ダノー
モデル ホッグ
長さ(ft) 9.9ft
幅(インチ) 23インチ
厚み(インチ) 3インチ
重量(kg) 12.9kg
フィン シングル
素材 ポリエステル
付属品 なし
価格(税込) ¥310000
送料(ご自宅宛) ¥無料

【ボード説明】

シェブロンデザイン、ライトグレーパネル、カスタムストリンガー、ウッドテール&ノーズブロック
グラスオンフィン
8オンスボランクロス、高圧縮フォーム
オールハンドシェープ by ダノー

ご予約中

 

 

f:id:SEAKONG:20210907153216p:plain

ブランド ダノー
モデル ホッグ
長さ(ft) 9.11ft
幅(インチ) 23インチ
厚み(インチ) 3インチ
重量(kg) 12.9kg
フィン シングル
素材 ポリエステル
付属品 なし
価格(税込) ¥310000
送料(ご自宅宛) ¥無料

【ボード説明】

シェブロンデザイン、ブラックパネル、カスタムストリンガー、ウッドテール&ノーズブロック
グラスオンフィン
8オンスボランクロス、高圧縮フォーム
オールハンドシェープ by ダノー

→こちらの商品のご注文・お問い合わせはこちら

 

 


ダノーによるホッグの解説動画です。

Dano Surfboards / HOG Model from SEAKONG on Vimeo.


【ホッグとは?】

アレックスノストがプライベートでも好んで乗っているHOGモデル。

長時間のノーズライディングとクラシックシングルフィンならではの心地良い重量感を味わうことができます。
まさに「カリフォルニアスタイルのロングボードと呼べる、ダノーの技術が詰まったモデルです。

スーパーナーナーに比べ若干ノーズの幅が広くなっていますが、ボードの最大幅がボードの中心よりテールよりにあり、細いノーズと幅の広いお尻が特徴のPIG系のデザインです。


最後にダノーがホッグに乗っているライディング映像をご覧ください。

 

Dano's golden week holiday from SEAKONG on Vimeo.


それでは皆様、今日も良い一日をお過ごしください。

シーコング東京江戸川店
新井
03-6638-8090