シーコング店長ブログ

シーコング各店より毎日お得な情報をお届けいたします。


f:id:SEAKONG:20181205180050j:plain

ロビンキーガル近況、エルモア&パトリック情報、藤沢店中古情報

こんばんは。

 

藤沢店の中村です。

 

本日も中古ボードが入荷いたしましたので早速ご紹介させていただきます!

 

 

 

ブランド ハーバー
モデル トラッセルスペシャル
長さ(ft) 9.11ft
幅(インチ) 22 3/4インチ
厚み(インチ) 3 3/8インチ
重量(kg) 9.8kg
フィン シングル
素材 ポリエステル
付属品 フィン
価格(税込) ¥185000
送料(ご自宅宛) ¥12000

f:id:SEAKONG:20210111184313j:plain

  • 【ボード説明】

    1960年代にリッチハーバーとマイクマーシャルによって創り出されたハーバーを代表するスピードシェープのサーフィン史上に残る名作のレプリカです。

    レプリカといっても当時より、同じボードを作ることにこだわりを持っていたハーバーの強い意志により、当時とまったく同じ仕様、シェープ、フォイルによって今も忠実に再現されています。

    同系のガトヘロイのクラシックキラーに比べ、浮力とロッカーがあるため、テイクオフとコントロール性が優れています。

    パドルの速さはまるでモーターが装着されているように感じるでしょう。

    カリフォルニアサーフィンカルチャーにご興味がある方であれば、避けては通れないほどのストーリーと魅力を持ったボードです。

  • 【ボードコンディションについて】

    デッキ面にフットマークとボトム面に線上のクラックが1箇所あります。

  • →このボードのご注文、お問い合わせこちら

 

 

 

 

ブランド サーファビリー
モデル ブギースペシャル
長さ(ft) 9.10ft
幅(インチ) 22インチ
厚み(インチ) 3インチ
重量(kg) 10kg
フィン シングル
素材 ポリエステル
付属品 なし
価格(税込) ¥154000
送料(ご自宅宛) ¥12000

f:id:SEAKONG:20210111184209j:plain

  • 【ボード説明】

    数年前、ジャレッドメルが藤沢店に立ち寄った時に見つけた50年前の新品未使用のハーバートラッセルスペシャルに感銘を受け、作られたモデルです。

    ハイパフォーマンスピッグを得意とするジャレッドですが、このボードはスピードシェープに属するボードで、速い波を突き抜けたり、スピードにのってロングライディングを楽しむためのボードです。

    また多少ボード幅が狭いのでコントロール性も悪くありません。

    シンプルなサーフィンで波を乗り継ぎたいとお考えのにお勧めです。

    現在では入手困難な1インチのレッドシダーが存在感を増しています。

  • 【ボードコンディションについて】

    デッキ面にフットマーク、があるのみのいいコンデションです。

  • →このボードのご注文、お問い合わせこちら

 

 

 

 

ブランド ハップジェイコブス
モデル 422
長さ(ft) 9.7
幅(インチ) 22 1/4インチ
厚み(インチ) 3インチ
重量(kg) 8.7kg
フィン シングル
素材 ポリエステル
付属品 なし
価格(税込) ¥55000
送料(ご自宅宛) ¥10000

f:id:SEAKONG:20210111184107j:plain

  • 【ボード説明】

    巨匠ハップジェイコブスの創り出した名作の一つで、1960年代当時にボードコントロールを追求して作られたボードです。

    モデル名は当時のハップジェイコブスのファクトリーがあったハーモサビーチの422番地にちなんでつけられたもので、大変ストリー性の高いボードです。

    現在ではタイラーハジキャンが「リドラー」として作っているボードもこの「422」から強くインスパイアされたものです。

    このボードは2000年代の前半にジェイコブス本人によってシェープされたものをシーコングが販売したものです。

    マニアックなレトロファンの方に大変おすすめです。

  • 【ボードコンディションについて】

    デッキ面にフットマーク、フットマークによるストリンガー沿いのクラック、ボトム面中央に線上のクラックとノーズよりにもくらっくがあります。
    レールに周りに複数個所クラックがあります。

  • →このボードのご注文、お問い合わせこちら

 

 

 

 

 

 

ブランド ガトヘロイ
モデル サファー
長さ(ft) 8.6ft
幅(インチ) 22 1/4インチ
厚み(インチ) 2 7/8インチ
重量(kg) 7.5kg
フィン シングル
素材 ポリエステル
付属品 なし
価格(税込) ¥220000
送料(ご自宅宛) ¥7000

f:id:SEAKONG:20210111183956j:plain

  • 【ボード説明】

    2012年に敢行されたロビンキーガルによるウェスタンサハラへのアドベンチャートリップ「ダイナミックエンデバー」のメインコンセプトボードです。

    旅に持参するベストなボードとして速く掘れた波でのダイナミックなマニューバー、モモコシサイズでの高速クルージングを満喫できます。

    ロングに近いミッドレングスサイズですがフィーリング的にはシングルフィンショートボードのようにスピードと操作性を備えています。

    中村清太郎君も愛用するボードです。

  • 【ボードコンディションについて】

    ほぼ新品未使用の大変キレイなコンデションです。

  • →このボードのご注文、お問い合わせこちら

 

 

 

 

ブランド BMT
モデル ディスコ
長さ(ft) 7.5ft
幅(インチ) 21 3/8インチ
厚み(インチ) 2 7/8インチ
重量(kg) 5.1kg
フィン シングル
素材 ポリエステル
付属品 なし
価格(税込) ¥230000
送料(ご自宅宛) ¥7000

f:id:SEAKONG:20210111183848j:plain

  • 【ボード説明】

    2017年、東京品川の「T-Art Hall」にて行われたアレックスノストのアートショー『FORM&VOID』のメインコンセプトボードとして実際に展示されていたボードです。

    新品未使用です。(展示中についた傷をリペアした痕があります)

    古いボードに見られるワイドラップと特徴的なデッキのアートワークが印象的なボードです。

    現行のミッドレングスに比べボリューム感があり、さすがアートボードというだけあって存在感が抜群です。

  • 【ボードコンディションについて】

    1箇所リペア痕があるのみです。

  • →このボードのご注文、お問い合わせこちら

 

 

 

 

ブランド CASH
モデル カスタム
長さ(ft) 9.6ft
幅(インチ) 23インチ
厚み(インチ) 3インチ
重量(kg) 8.9kg
フィン シングル
素材 ポリエステル
付属品 ハードケース
価格(税込) ¥132000
送料(ご自宅宛) ¥10000

f:id:SEAKONG:20210111183636j:plain

  • 【ボード説明】

    スティーブ・ボイセン氏によるブランドのボードです。

    幅、厚みがしっかりとあるボリュームのあるボードです。

    浅く入っているノーズコンケーブがノーズライディング時に抜群の安定感をもたらしてくれそうなボードです。

  • 【ボードコンディションについて】

    デッキ面にフットマーク、フットマークによるストリンガー沿いのクラックがあります。

  • →このボードのご注文、お問い合わせこちら

 

 

 

 

ブランド ガトヘロイ
モデル アシッド
長さ(ft) 7.10ft
幅(インチ) 21 7/8インチ
厚み(インチ) 2 1/2インチ
重量(kg) 5.5kg
フィン シングル
素材 ポリエステル
付属品 ハードケース, リーシュ
価格(税込) ¥187000
送料(ご自宅宛) ¥7000

f:id:SEAKONG:20210111183746j:plain

  • 【ボード説明】

    1960年代の後半、カリフォルニアのビッグブランドの意向によってロングボードからショートボードへと進化する過程が断絶された真のトランジションをロビンならではの解釈で創り出された至極の一本です。

    ショートボードではありえないダウンザラインのスピードと切れ味抜群のコントロール性がこのボードの魅力です。

  • 【ボードコンディションについて】

    新品未使用のボードです。

  • →このボードのご注文、お問い合わせこちら

 

 

よろしくお願いいたします。

シーコング

 

//////////////////////////////////////////////////////

 

 

こんにちは。

皆様、3連休いかがお過ごしでしょうか?

それにしても寒いですねー。

今朝は冷えることが分かっておりましたので、自分なりの2021年度の防寒着MAX(仕事用)で来ましたが、隙間風が入る江戸川店はキンキンに冷えており、少し寒く感じます。

 

いやー、寒いなー、暖かいとこにでも行きたいなーなんて思いながらネットサーフィンをしておりますと、ホットな動画を発見いたしました。

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Patrick O'Connor(@dj.paddy0)がシェアした投稿


誰の動画かと申しますと、こちらのブログではそろそろ定着してきましたでしょうか?

トロイの妻フランの弟、要は、トロイの義理の弟である”パトリック”の動画です。

 

サーフィンのスタイルも音楽もイケてますねー。

 

パトリックはショートボードも上手なのですが、シングルフィンロングボードに乗る時は完全に乗り方を切り替えてますので、その面影もありません。

 

ロングはロングらしく、ショートはショートらしく、センス良く楽しんでいることがわかります。

理想的ですね。

まだ16、7歳ですから驚きですよね。。。

ニクイ‼

よく見たら、去年シーコングから送ったエルモアのフルスーツまで来てくれております。

 

f:id:SEAKONG:20210111150051p:plain


そんなかわいい弟パトリックにトロイは新しいボードをシェイプしているようです。

f:id:SEAKONG:20210111145733p:plain

短いボードと、

 

f:id:SEAKONG:20210111145808p:plain

コンケーブからするとホットドッグでしょうか?

 

f:id:SEAKONG:20210111145851p:plain

BIG CLUBとも書いてあるので、サムズクラブから派生したニューモデルでしょうか?

気になりますねー。

 

トロイ本人はもちろん自らのブランドの広告塔も兼任しておりますが、義理の弟パトリックもいれば、しばらくエルモアも安泰ですね。

 

パトリックに反抗期が来て、

「トロイのボードなんか乗ってらんねーよ‼」

とならないことを願います。

 


エルモアのボード欲しいなーとご検討中のお客様、もうじき入荷がありそうです。

いつもほとんどカスタムボードばかりで、店舗用のストックボードがほとんどありませんが、今度の入荷分には、カスタムボード以外にも下記イラストのボードが入荷いたします。

f:id:SEAKONG:20210106185630p:plain

まだ、空きがございますので、気になる方はお早めにお問い合わせください。

 

最後にパトリックのスケート動画もシェアさせていただきます。

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Patrick O'Connor(@dj.paddy0)がシェアした投稿

 パトリックイケメンですねー。

ニクイ‼

 

それでは皆様、今日も良い一日をお過ごしください。

シーコング東京江戸川店
新井
03-6638-8090

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

藤沢店の田中です。

 

雑誌「Blue.」の最新号が発売されました。

 

f:id:SEAKONG:20210111133249j:plain

巻末の方で10ページにわたり、ガトヘロイのフランス人ライダーであるホバンファルシャの特集が組まれています。

 

写真かロダンの幻想的な映像とアーティストであり詩人でもあるホバンとのコラボレートで、ロビンキーガルの写真も数枚見受けられます。

 

シェープの情報があまり伝わってこないロビンキーガルですが、フランスで何とか生きていることを皆様にお伝え出来てよかったです。

 

雑誌「Blue.」はアマゾンでもご購入いただけます

 

 

そのロビンには年明け早々、いつものような身勝手さに振り回されてしまいました。

 

ことの発端は年末頃から「今電話できる?」、「明日電話するよ」というメールが頻繁に来出してたのですが、身構えていても空振りするばかりなので、見て見ぬふりをして返信をしていませんでした。

 

ところが年が明けた日の昼過ぎ、突然私の携帯に「非表示着信」がありました。


誰だろうと思って電話に出てみると、「すぐこの電話にかけなおしてくれ」と聞きなれた声。

 

「電話してって言っても、電話番号がわからないよ」というと「俺もわからないんだ。この電話買ったばかりだから。とにかく切れてしまうからすぐ掛けなおしてくれよ」

 

「電話番号がわかラインだから、電話でき、プープープー(ないんだよ)」

 

まったく、と思いつつ数分間は待っていたのですが、30分が過ぎ、どうやら今日の電話は終わりかなと思っていたころ、再び非通知の着信が。

 

「この電話はプリペイドだからテレフォンカードを使っても、10分くらいしか話せないんだ。だから掛けなおしてくれよ」

 

「だからー、電話番号教えてくれよ」

 

「買ったばかりだから、使い方がわからないんだ(ロビンは過去十数年の間、携帯を持っていたことがありません)」

 

「テレフォンカード屋さんに聞けよ。プープープー」

 

そしてまた30分後(30分の間隔をあけて電話を待つのはかなり苦痛です)「電話番号がわかったからメールするよ」ということで、電話を掛けたのですが、今度は電話に出ません。

 

2、3度掛けたのち、諦めかけていたころ、20分後、再びロビンより着信。

 

「掛けなおして」

 

やっとのことで無事電話が通じたのですが、ここまでにすでに2時間近くを要してしまったため、私はすっかり疲れ切ってしまい、久々の長電話に「イエス、イエス」とうなづくばかりでした。

 

彼は年末は女性関係のことで少し落ち込むことがあったようですが、今ではすっかり元気よくなり、いろいろなプロジェクトを進めているようです。

 

以前から所有している工場の2階をあたらめて改装し、そこに寝泊まりしているようで、今後4年間の滞在のビザを取得したようです。

 

ボードのシェープだけでなく、ブランクスの開発にも携わり、当分は拠点を変えないことを決めたようです。

 

基本的にクリームはカリフォルニア、ガトヘロイはオーストラリアで作り、ロビン自身はマスターボードのシェープに力を注ぐようですが、フランスから日本へのボードの発送も少量ですが行うことにしました。

 

他にも、現在のグローバルワールドの行方やいつものようにたくさんの誇大妄想的なプランを聞かされました。

 

どんな状況においても、常に視野が広く、前向きな姿勢を崩さないことに感心させられます。

 

そして彼の進む道はいつも1本です。ぶれない姿勢が彼の魅力です。

 

真理を追究するロビンキーガルの旅はまだまだ続きます。

 


シーコング
田中