シーコング店長ブログ

シーコング各店より毎日お得な情報をお届けいたします。


f:id:SEAKONG:20181205180050j:plain

中村清太郎ガトヘロイに乗る!、ウェーバー、エルモア情報


こんにちは。
シーコング東京江戸川店の新井です。
 
梅雨入りしたという事ですが、今日も晴天、30度越えですね。
本格的な夏を思い出させてくれるような良い天気です。
 
 
さて、海の向こうのカリフォルニアのサーフィン業界は急激に忙しくなっているそうです。
 
ダノーからこんなメールが来ておりました。
 
「ここ最近色々と調子良くなってきたよ。」
「天気は最高だし、ここ数日は波も良い。」
「飲食店やショッピングセンターなども厳格なルールの元、再開したし、俺のとこには失業手当を手にボードを買いに来る人がいっぱいいるよ。」

失業手当を手にボードを買いに行くのは国民性の違いでしょうか?

1か月ほど前には、
「まじでヤバイぜ、この街を去らなきゃいけないかもしれない。」
とまで言っていたダノーですが、毎週自宅の庭先でライブをやりながら、何とか持ちこたえたようです。

話は戻りまして、カリフォルニアでボード作りが忙しくなってしまうと、シーコングに入荷するはずのボードも納期が遅れてしまう可能性がございます。
 
 

f:id:SEAKONG:20200615160119p:plain

という事で、まずはトロイのボードを来週の月曜日に発注再開しようと考えております。
 

f:id:SEAKONG:20200615155956p:plain

急ではございますが、カスタムオーダーをご検討のお客様は今週末までにシーコング各店にご連絡ください。

納期はおそらく2か月程度だと思います。
 

トロイも仕事に遊びに、忙しくなってきているようです。
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る

So much sand and water up my nose and ears from the last few days! Some playful ones from yesterday on my trusty fish 🎥 @untitledwork @vanssurf

@ troyelmoreがシェアした投稿 -

 
 
オーダーも良いけど、今すぐ欲しい‼
 
という方は、下記リンク先より在庫ボードをチェックしてください。
かなり少ないですが、若干残っております。
 
 

トロイ自身のこの夏の新しいパーソナルボードは、エッグマンのようです。
 

f:id:SEAKONG:20200615160024p:plain

f:id:SEAKONG:20200615160040p:plain

エッグマンも良いなー。
なんか夏っぽいですよね。
 
 

Elmore Surfboards / Eggman Model / Troy Elmore from SEAKONG on Vimeo.

 
【エッグマンとは?】
 
どんなレベルの方でも楽しめて、波のサイズも問わないオールマイティーに使えるカリフォルニアで人気沸騰中のファンボード。
浮力がしっかりとあるので、テイクオフが簡単で、パドルも早いです。
ボトム面にはシングルコンケーブが施されており、ターン時の加速感が心地よいボードです。
テールは程よく絞ってあるため、操作性も抜群です。
ショートボーダーや、経験豊富なサーファー、ビギナー、短いボードにトライしたいと思っているロングボーダーにもお勧めです。
万能なボードなので、現地の波のサイズやクオリティーの予測が難しいサーフトリップにもこれさえ持って行けば安心です。
 
 
トロイのエッグマンのライディング映像です。
 

Elmore Surfboards from Thalia Surf Shop on Vimeo.

 
因みに、エッグマン、現在在庫はございませんので、欲しいという方は、カスタムオーダーをご検討ください。 
 
ご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

シーコング
東京江戸川店
新井
03-6638-8090

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

こんにちは。


大阪店 中野です。

 


今年60周年を迎えているウェーバー。

f:id:SEAKONG:20200615133227p:plain

シーコングでは創業当時から取り扱っている老舗サーフボードブランドであります。

 

 

 

そしてウェーバーからこちらの60周年記念Tシャツが販売されております。

f:id:SEAKONG:20200615133306p:plain

ハチェットフィンをベースにした記念Tシャツ。

お客様からご注文もございましたので限定でウェーバーに注文しております。

 


数に限りがございますので、ご興味ある方は各店までお問い合わせください。

サイズはUSサイズのS~XLサイズの展開です。

納期はもうしばらくかかりそうですがよろしくお願いいたします。

 

 

また、こちらの60周年記念ハチェットフィン

 

f:id:SEAKONG:20200615133346p:plain

 

渋いですねー。

こちらは現在シェー・ウェーバーに問い合わせ中ですので、また詳細が分かり次第お知らせしたいと思います。

渋いフィンですので、皆様のお手元に早くお届けできればと思っております。

 

 

 

ハチェットフィンといえばやはりこちらのパフォーマー

 

f:id:SEAKONG:20200615134214p:plain

f:id:SEAKONG:20200615134144j:plain

f:id:SEAKONG:20200615134236p:plain

 

ウェーバーが、シーコングが誇る銀河系最強のテイクオフマシーンです。

幅約61cmの超ワイドボードはパドル時もライディング時もボードがふらつかず安定した動作でサーフィンを思う存分楽しめます。

とにかくテイクオフにお悩みの方、最速のテイクオフで波をバンバンキャッチしたい方は必見です。

 

先日パフォーマー紹介動画を作っておりますのでどうぞご覧ください!!

 

 

f:id:SEAKONG:20200615134617p:plain

f:id:SEAKONG:20200615134637j:plain

 

銀河系最強テイクオフマシーン、ウェーバーパフォーマーの現在の在庫はこちらから!!

 
それでは本日もご来店お待ちしております


シーコング 大阪店 中野

f:id:SEAKONG:20200615134800p:plain

f:id:SEAKONG:20200615134821p:plain




///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
藤沢店の田中です。

まだまだ油断はできませんが、徐々に海には人が戻ってきているということは私たちにとってうれしい限りです。

本来であれば今年は夏本番を迎えるにあたり、大規模なイベントをする予定でしたが、現状においては実現不可能なので、とりあえず来年に持ち越しと考えています。

そのイベントとは写真集の発売とそれに伴うパーティです。

シーコングは幸いなことに世界に名だたるロングボーダーを一堂に会したブランドを取り扱っています。
 
世界には数えきれない多くのうまいサーファーがいますが、突出したサーファーとして、真のメディアに取り上げられるのはごくわずかなサーファーたちだけです。

そのスターサーファーたちのボードがたまたまシーコングにラインナップされています。

それは海外でも「奇跡のラインナップ」、「世界最高のラインナップ」と言われるほどで大変光栄でラッキーなことです。

昨年は日本でも「ダクトテープ」が行われたことだし、これを機に改めて彼らの魅力をお伝えさせていただこうと企画していたわけです。
 
写真集は「STAYLE MASTERS(仮題)」として、世界的に名を馳せる11人の未公開の写真を掲載し、彼らとその写真の撮影者を招待して出版記念パーティを行う予定でした。

その11人とは、
 

f:id:SEAKONG:20200615093655j:plain

alex knost / アレックスノスト
 

f:id:SEAKONG:20200615093729j:plain

robin kegel / ロビンキーガル
 
 

f:id:SEAKONG:20200615093801j:plain

jared mell / ジャレッドメル
 

f:id:SEAKONG:20200615093955j:plain

dane peterson / デーンピーターソン
 

f:id:SEAKONG:20200615094017j:plain

troy elmore / トロイエルモア
 

f:id:SEAKONG:20200615094047j:plain

dano / ダノー
 

f:id:SEAKONG:20200615094106j:plain

lola mignot / ローラミニョー
 

f:id:SEAKONG:20200615094132j:plain

hallie rohr / ヘイリーロー
 

f:id:SEAKONG:20200615094224j:plain

mateo y brittany / マットハワード ブルタニークイン
 

f:id:SEAKONG:20200615094306j:plain

john peck / ジョンペック

 

そして、日本の中村清太郎君です。
 

JPSAのコンテストシーンから遠ざかって久しい清太郎君ですが、海外においてはその名の威光は未だ健在です。

「SEITARO」といえば、誰もがトーマスキャンベルの出世作「THE SEEDLING」を思い浮かべ、ドヘイニーステートビーチをハング10で駆け抜けるそのスタイルに魅了されたことを口にします。

当時(今でさえも)、そのようなライディングができる日本人のサーファーは他にいなかったのです。

私は、中村清太郎君は日本のロングボード界の至宝だと考えています。
 

彼の父親、中村清一郎氏は日本で最初にサーフィンをしたメンバーの一人で、1960年代の後半に興ったショートボードレボリューションとともにサーフィンから遠ざかり、ロングボードが復活した際に再びサーフィンを再開しました。
 
それの意味するところは、1980年代の後半以降ロングボードをしていた方のほとんどはショートボードに乗っていた時期があったということです。

そのためにボードを加速させたり、マニューバーを描くときにショートボードのようにボードを動かそうとし、姿勢がショートボードを乗るためのそれになるようになっていました。

中村氏は幼いころから重く長いロングボードに乗り、途中中断期間を挟んだその後も再びロングボードに乗ることを選びました。

そのためにサーフィンをするときにショートボードの所作が一切なく、本来のロングボードを操作するためだけの姿勢、態勢の移動、ボード上での動きが完璧にできる非常に稀有なサーファーとなりました。

それをいち早く見抜いたのはロビンキーガルです。

ロビンは中村氏が往年のクラシックスタイルでロングボードを機能させることにおいて完璧であることを見抜き、その希少性に感嘆したのです。

奇しくも中村氏は日本で最初にロビンキーガルのボードを「本物」と認めた方です。

当初ロビンのボードは彼の派手な振る舞いと奇抜なカラーデザインにその人気の理由はあったのですが、中村氏はロビンのボードづくりに対するコンセプトを理解し、そのシェープ技術の高さを認めた。

中村氏は当時、理解に苦しんでいた私に「このボードは本物だからもっと自信をもって押したほうがいいよ」と言ってくれました。その言葉によってシーコングではクリームとガトヘロイを前面に押し出すこととなり、現在に至っているわけです。
 
中村清太郎君は中村氏の長男としてその血統を受け継いでいます。

10代の半ばに渡米し、本場カリフォルニアで正統派のシングルフィンロングボードの系譜を受け継ぎました。
 
その血統の良さと本人のセンスによってその才能はすぐに開花し、そしてトーマスキャンベルの目を引くこととなったのです。

それは珍しい日本人サーファーとしてというわけではなく、優れたロガーの一人としての出演依頼だったことは言うまでもありません。

その後の彼の活躍は皆さんの知る通りですが、この春より彼はガトヘロイに乗ることを選択しました。

彼は紛れもなくシングルフィンロガーの第一人者ですが、ロビンが創造する世界観でもその達人ぶりを発揮すべくロビンのボードを選択しました。

それはもちろん日本有数のガトヘロイの所有者でもある父親、中村氏の影響でもあるのですが、自らを切り開く意思を示したのは彼自身です。

今朝、その清太郎君の映像をアップしました。
 


私自身が新しいカメラとパソコンに不慣れなため、映像の質としては物足りないと思いますが、その中で見せる清太郎君のシルエットはさすがと言わざるを得ません。

どこを切り取っても態勢は完璧なシルエットです。

今後はもっといろいろなモデルで様々なコンディションでの撮影をしていく予定です。

ロビンシェープのボードはますます減っていく一方ですが、「そうか、そのように乗ればいいのか」という手本をお見せできると思いますので、ご期待ください。
 
皆様のご来店、お問い合わせをお待ちしております。
 

シーコング
藤沢店
田中