Seakong Shop Blog

シーコング各店より毎日お得な情報をお届けいたします。

シーコング各店より毎日お得な情報をお届けいたします。
シーコングのホームページはこちらからご覧いただけます>>>

20170919112233

新作無料DVD配布開始!ファットキャットの魅力

今晩は篠崎店の平塚です。
昨晩ボードを購入された方に「普段どちらで入っているんですか?」
とお尋ねしたら「湯河原方面です」とサラッと言われて
思わず「僕もです!!!!」と食い気味にお答えしました。

 

なんでしょう。
同じ場所で入っているって聞くだけで、なんかテンションが上がります。

 

今年は千葉北方面にもお邪魔しようと思っていますので
地形の良い場所などの情報がありましたら是非お知らせください。

 

そして2月も終わりです!

一番寒い時期もようやくすぎていきますので、ボチボチニューボードをシーズンインに向けて

検討される方も多いのではないでしょうか。

 

そこで今日はこちらのボードを改めてご紹介いたします。

 

今までより劇的に、たくさんの波に乗りたい皆様へ!

ファットキャットは期待を裏切りません!

 

4月、カリフォルニアで撮影したロビン・キーガルです。小波でゆっくり乗るだけでなく、こんなパフォーマンスも可能です!

まずは、こんなかたにお勧めです!

★自分だけテイクオフできないと感じている

★自分のボードがいけていないと時々感じる

★今のボードに苦労をしている

★なかなか上達できないと感じている

★よくわからずに買ったボードに乗っている

★やっぱり、シングルフィンに乗りたい!

 

誰よりも沖から楽にたくさんの波に乗りたい方、せっかくの休日をストレスなくマイペースで楽しみたい方は、最後までお読みください

 

ファットキャットが圧倒的な人気を誇るのは、こんな理由です

★今までより10メートル沖からテイクオフできます

★テイクオフが速ければ波のいいポジションを長く乗れるので1本の波の長さが断然違います

★1日に乗れる本数が倍増します

★テイクオフが速ければ、すべての波にがつがつする必要はありません

★テイクオフ後のボードコントロールが容易です

★ピークをはずしてもテイクオフできるので混雑したところでストレスを感じる必要がありません

★たくさん乗れるので上達が早くなります

★休日の満足度が300%アップします

 

そんな望みをかなえるのがファットキャットです!

なぜテイクオフが速いのか?

★ボードの幅が広い

ボードの幅が広ければパドリング時のボードの横揺れが抑えられるのでパドリングによってボードがどんどん加速します

★ボトム面にノーズコンケーブがない

ノーズのコンケーブは最高の波でノーズライディングをするには有効ですが、ボードのスピードを押さえ込みます。特に体重のある方には違いがはっきりとします

★ボトム面の平らな部分が多い

全体的にロッカーがついたボトム面はなかなかスピードにのりません

★ボトム面がVEEボトムになっていまい

VEEボトムはボードの横揺れを起こす原因となります。ボードが揺れるとパドリングのスピードが失速しテイクオフがしにくくなります

 

 

だから、ファットキャットはこんなに売れています

 

ファットキャットの販売本数実績

2013年 発売開始     236本      

2014年           302本            

2015年 もすでに     122本(2015年6月)

 

それでは、ご購入いただいたユーザーの皆様の生の声をお聞きください

 

●ファットキャット

購入サイズ:9.4ft

サーフィン歴:10年以上

年齢:40

性別:男性

お住まい:京都

本日、初めて乗って来ました。

とにかくパドルスピードが早くゲットも楽に出来ました。

行きたい方向に体を向けるだけで曲がりとても乗りやすいボードでした。

海に行くのが楽しみで仕方無いって感じです。

●ファットキャット

ご購入サイズ:9.2ft

サーフィン歴:1年以上

年齢:40

性別:男性

お住まい:湘南

波が小さくても週末を無駄なく過ごせるようにファットキャット9.2ftを購入。

ロングボード初心者であり、最初はテイクオフのタイミングに戸惑いましたが、しっかりパドルすればボードが自然に走り出し、スネ~ひざの小波でもテイクオフが可能で大変満足しております。

テイクオフ後の加速もあり、少し重心を傾けるとその方向にスーッと曲がり、安定感も良くとても楽しいボードだと思います。

まだ経験が浅く他のボードとの比較などを述べることはできませんが、とにかく初心者から楽しめるボードであることは間違いありません。

海に行く度にサーフィンが楽しく、長い付き合いができそうです。

 

●ファットキャット

ご購入サイズ:9.4ft

サーフィン歴:10年以上

年齢:30

性別:女性

お住まい:千葉

以前からシーコングさんに御世話になっていて、スタイリスト⇒パフォーマーと乗り継いできました。

ウェーバーシリーズはテイクオフの早さとターンのしやすさで大変気に入っており、これからも手放すことはないと思います。

ただ、特にスタイリストの場合、ノーズに向かって歩こうとすると、きちんとレールが波に入りづらいせいか、安定せずスピードが増してしまい、ノーズライディングが難しいと感じていました。そこで、スタイリストに比較的形が近く、なおかつピンチされたレールなら私の理想が叶うと思い、fatcatを購入しました。

ファーストボトムターンで私の判断は正しかったと感じ、ライディングしながら顔がにやけてしまいました。

ボトムターンした後、すっとレイルが波に入り、ノーズ方向に進むたびにどんどん安定していきました。

ノーズライディングは腕もあると思いますが、ボード選びも重要だと感じました。

私は160c60kgですが、9.4ftで浮力・長さともにちょうどいいと思います。

初心者、中級者、上級者、どのレベルのサーファーにもそれぞれ楽しめるボードだと思います。

 

●ファットキャット

ご購入サイズ:9.4ft

サーフィン歴:3年以上

年齢:30

性別:男性

お住まい:関西

知り合いがファットキャットの9.2に乗っていたので、それに乗ったのが購入のきっかけでした。

さて、実際に9.4を買い乗ってみた感想は、見た目からは想像出来ないほどよく曲がる!

あとスピードが出るのに安定感がある為、スープにも捕まらないです。テイクオフは特別早い!とはおもわないですが、横に走り出すとレールが掘れた波にも弾かれずにとてもスムーズに乗れます。

色もカッコイイので買って正解でした。

 

このほかのご感想はこちらをご覧ください ⇒ ユーザーレビュー

本当にご満足いただくためには体重に見合った最適サイズをお勧めします

9.2ft:~72kg、女性

9.4ft70kg78kg

9.6ft75kg82kg

9.8ft82kg88kg

9.10ft85kg92kg   

10.0ft90kg100kg  

 

 

テイクオフが速いだけではなく、コントロールが簡単なことが魅力です。

重くて幅が広いので、「動きにくそう」と思っているかもしれませんが、実際に乗ってみれば「動きやすい」と感じていただけるはずです

実際の映像をご覧ください

『ファットキャット』はこんなに簡単にテイクオフして、こんなに簡単に曲がります!

小波でも自由自在、いかにも簡単そうに『ファットキャット』を操る、クロビス・ドニゼッチ

 

 

ボードのコントロール性はスピードで決まります。

では、なぜスピードが出るのでしょうか?

●ボトム面にはコンケーブやVEEなどが施されてなく水面の抵抗が極力抑えられています

●ロッカーは全体的に抑えられ、接水面が長いのでボードにスピードが出ます

●ファットキャットのレールは絶妙にボリュームが落とされているので、ボードのスピードはさらに増します

 

 

映像をご覧いただければおわかりのようにファットキャットはテイクオフだけでなく、大変コントロール性が優れています。

 

それはターンやノーズライディングに必要なスピードが誰でも簡単に出せるからですが、ロングボードの一番の醍醐味は“誰よりも沖から岸まで立っているだけで波を乗り継げること”です。“立っている”といってもひざ下や上半身を使ってボードをトリムしながら波の一番いい部分にリラックスしてボードを移動することです。大きく派手なターンやノーズの先端まで足が届かなくても、ロングボードは楽しいものです。ファットキャットはそんなリラックスしたサーフィンを簡単に楽しめるボードなのです。

ファットキャットをさらに一層楽しむためにはフィンも重要です。

シーコングでは2つのフィンをお勧めしています。

●スパーキーフィン

ラウンドピンテールのクラシックタイプのボードに最適で、ボードの特長を活かしたカーヴィングの連続に粘りを与えてくれます。さまざまなブランドのクラシックタイプのボードに採用されている定番中の定番です。

●ピボットフィン

長年の間、スパーキーフィンをお勧めしてきましたが、現在のファットキャットのプロモーション映像の中でクロビス・ドニゼッチが使用しているのがこのピボットフィンです。

四角く突っ立ったような形状なので、テールを踏んだ瞬間に一気にボードを回転させるピボットターンが軽々とできます。

ファットキャットは頑丈です!素材のクォリティにも最善を尽くしています。

ファットキャットはUSブランクス社のグリーンフォームを使用しています。グリーンフォームは通常のフォームより約5%重いのが特徴です。USブランクスのフォームはフォームの泡が大きいのが特徴なので表面が少しソフトのため使用しているとフットマークができやすくなります。そのためファットキャットのデッキ面は8オンスのボランクロスで巻かれています。ストリンガーは3/8インチのレッドシダーを採用しています。これはシェープ性能だけでなくボードの乗り味を左右する柔軟性と見た目も重視するロビンのこだわりです。

こちらは、シーコング制作の『ファットキャット』のCMです

 

 

現在在庫豊富です!

ファットキャットの在庫

 

 

更なるファットキャットの魅力

ファットキャットは、ご存知、現在世界最高峰のシェーパー、ロビン・キーガルのプロデュースによるボードです。ロビン・キーガルはカリフォルニア生まれの32歳。幼い頃より頭角を現し盟友アレックス・ノストとともにジョエル・チューダーに継ぐ世代ニュージェネレーションの旗手としてメインストリームを歩んでいます。ウェーバー、タイラー、ダノーのチームライダーを経て2004年から自らのブランドを興しました。ショートボードレボリューションの影響を受けないロングボードの進化を目指しています。そのコンセプトはブレがなく多くの著名なサーファーの支持を得て、その後のロングボードシーンに反映されています。クラシックを標榜しながらも、まさに世界最先端のロングボードシェーパーです。

 

そのロビンが主催する「クリーム」とは「伝統的なカリフォルニアのクラシックタイプのボードブランド」という位置づけです。精鋭化されたコンセプト重視のボードではなく、「誰でも簡単に楽しめる」というロングボード本来の良さを重視しています。天才の創るスタンダードデザインという感じです。

 

天才的なシェープ技術だけではなくロビンはもうひとつの才能を持っています。それはアーティストとしての才能です。すでに数々のコレクションを発表していますが、クリームのボードにもこだわりがあります。それはボードをカラーリングする原料の塗料をそのまま使わず、1本1本のボード用に塗料を配合していることです。そのため同じボードカラーは存在せず、またそれにも増した色彩感覚とアート性の高いカラーリング、デザインが施されています。その感性は他のブランドに大きな影響を与え、シェープだけでなくデザイン性でも群を抜いています。

 

伝統と調和しながらも革新的なアイディアでクラシックロングボードを進化させるロビンとは対照的に、ウェーバーの魅力はなんと言ってもその歴史です。1960年代を代表するサーフブランドとして名画「アメリカングラフィティ」の中で主人公の一人がウェーバーのTシャツを着ていることがその象徴です。前日のロビンでさえも「歴史は買えない」というとおりサーフボード界に残してきた偉業は他に類を見ないものです。せっかくロングボードに乗るなら、せっかくクラシックスタイルに興味があるなら、やはり本物を手にしたいものです。

自信をもってファットキャットをお勧めできるのにはまだまだ訳があります。

それはご購入されるお客様の70%の方はすでにお知り合いの方が同じボードを持っていることです。実際に友人の方に借りて乗ってみた、という方がほとんどです。

“ご友人にも勧めていただけるボード”が私達の本当の自信の源です。

ご購入の方法はいろいろとあります

 

もしお手元にあまりお使いにならないボードがあるのなら、そのボードを下取りさせていただきます。新しいボードの代金からその分をお引きしてご清算いただけます

お支払いには現金、銀行振込、クレジットカード以外にも、ジャックスのクレジットローンをご利用いただけます。クレジットローンの金利はカードをご利用の場合と同じですが、カードのように上限金額がないのでご利用金額を気にせずにすみます。

またNEWボードの送料は無料で全国配送させていただきます

それでもまだ迷っている方は、実際に無料で乗ってお試しいただけます。

シーコング各店では、ファットキャットの無料試乗ボードをご用意しています。

海に行く途中に空いていればその場でお貸し出しいたします。また、ご希望の日にちが決まれば、ご予約も承っています。

ご自分のボードが修理中、などという方もその間に乗っていただいて結構です。

ただし、1回乗ってしまったら、本当に欲しくなってしまうのでご注意ください。

 

最高の1本のロングボードを選ぶなら、ファットキャットが最適です。小波の最速テイクオフだけでなく、サイズがあがってもより沖からテイクオフができます。コントロールも想像以上に簡単です。

 

シングルフィンロングボードへの買い替えをご検討の方、もう失敗したくない方、休日を満喫したいならファットキャットが一番です!

 

皆様のご来店、お問い合わせお待ちしております。

 

シーコング

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////// 

 

藤沢店の田中です。

 

やっと最新無料DVDが完成しました。

 

f:id:SEAKONG:20170226150617j:plain


今回のタイトルは「最先端/スタイリッシュロングボード」と大変コテコテです。


なぜこのようなタイトルを付けたかですが、この映像の中に出てくるライディングは従来、皆様がご覧になっているロングボードのスタイルを大きく超越した、まさに最先端のロングボーディングだからです。


ハイパフォーマンスロングボードからシングルフィンロングボードへの転換が世界中で進んだ以降、ノーズライディングとボードのポジションを整えるための緩やかなカットバックというジョエルスタイルが長らく主流を占めていました。


しかし、そのジョエル主催のシングルフィンロングボードイベント「ダクトテープ」でも使われるボードの形状やライディングのスタイルも少しずつ変化を見せてきました。


そして今回のDVDの中で観られるロビン、アレックス、ジャレッドらのライディングはそれらを更に先に進めたもので、皆様は同じようなサーフィンをするサーファーを周囲でご覧になったことはないと思います。


主な見どころは、スピードと急激な方向転換、スイッチスタンスなどです。


特に彼らのスピードを生み出す波のハイラインでのトリムは彼らのライディングの最大の特徴を引き出します。


「10ftのロングボードでさえもこんなマニューバーができる」と言わんばかりのラウンドハウスカットバックを見せるロビンにぜひご注目ください。


またジャレッドが見せる、バックサイドのレフトの波にテイクオフ直後にスイッチし、そのままチューブをくぐり抜けるアクションは斬新の極みです。

  

※本編はフルカラーの高解像度バージョンです。早送りボタンでキャプチャーをスキップできます。


彼らは最先端のマニューバーを見せますが、使用しているボードは最先端のカーボン素材やショートボードから派生したアイデアを盛り込んだものではありません。


あくまでも1960年代の古き良き時代のノスタルジーを感じるものがベースとなっています。(カリフォルニアではサーフィンをするということは古き良き時代の郷愁を体現することとイコールです)


早い時期からショートボードの影響を受けないロングボードの進化を目指していたロビンキーガルはアレックスノストとともに「PIG」を復活させ、その後もシングルフィンロングボードシーンに大きな影響を与えてきました。


今回は久しぶりに一同に介し、同時に撮影することができました。やはり3人揃うとビーチも華やかになります。



また今回のDVDの前半では昨年末の高知トッリプとその後の鵠沼での映像も収められています。

 

※本編はフルカラーの高解像度バージョンです。早送りボタンでキャプチャーをスキップできます。

 

 

高知編では藤沢店のスタッフ、山口はるかの女性らしいカリフォルニアスタイルのライディングをご覧いただけます。

 

f:id:SEAKONG:20170226150920j:plain

f:id:SEAKONG:20170226150928j:plain


ぜひ、シングルフィンロングボードにご興味がある(そうでなくても)女性の皆様、彼女のライディング姿勢をご参考になさってください。

 


DVD「最先端/ロングボーディング」のメニュー

◯高知編:ジャレッドメル、中山佑樹、山口はるか

◯高知編スライドショー

◯鵠沼編:ショーロク(宮内謙至)さん、ジャレッドメル

◯Surf-A-Billy を語る by ジャレッドメル

◯One Day at Blackies:ロビンキーガル、ジャレッドメル、アレックスノスト、ダノー

◯マタドール:ロビンキーガル、ジャレッドメル

◯Sunset Church:ロビンキーガル、エバンデイリー

◯カリフォルニア、メキシコスライドショー

全編:49分

※本編はフルカラーの高解像度バージョンです。早送りボタンでキャプチャーをスキップできます。

 

 

総合カタログ「The Best Choosing of SURFBOARDS」とともにお楽しみください。

 

f:id:SEAKONG:20170226151056j:plain

カタログの無料配布のお申込み

 

皆様のお問い合わせ、ご来店お待ちしております。

 

シーコング藤沢店
田中