シーコング店長ブログ

シーコング各店より毎日お得な情報をお届けいたします。

20170919112233

ロビンの映像をアップしました&ジャレッド!大阪店ご挨拶、大阪店レアボード‼、篠崎店中古情報

 

篠崎店の中村です。

 

早速ですが本日入荷いたしました中古商品をご紹介いたします。

 

●ブランド:ドナルドタカヤマ
・モデル:スコーピオン
・長さ:7.4ft
・フィン:5フィン
・付属:センターフィン、サイドフィン、デッキカバー、フィン専用ケース
・価格:¥98,000-(税込)
・送料:¥6,500-

f:id:SEAKONG:20150320225336j:plain

軽量で丈夫なサーフテック社製のエポキシモールドボードです。
ノーズ幅が広く浮力があるので小波から楽しめるパフォーマンスファンボードです。

こちらは使用頻度がかなり少なく、傷、フットマーク、リペア痕などは一切ございません。
また付属品が充実している上、フィンやデッキカバー、フィン専用ケースは新品に等しい状態です。
ボード、付属品ともに極上のコンディションです。

⇒このボードのご予約、お問い合わせはこちら

 


●ブランド:マイクヒンソン
・モデル:ブラックナイト
・長さ:6.2ft
・フィン:クアッド
・付属:クアッドフィン、リーシュ、ニットケース
・価格:¥70,000-(税込)
・送料:¥6,500-

f:id:SEAKONG:20150320225346j:plain

ボードワークス社製、エポキシモールドボードです。
軽くて浮力があるクアッドフィンタイプのボードです。

ノーズの小傷と、テールに塗料の剥げている所がございますが、ご使用上問題はございません。
それ以外に目立つ損傷は無く、フットマークもございませんので綺麗なコンディションです。

⇒このボードのご予約、お問い合わせはこちら

 

 

●ブランド:ハワイアンスピリット
・モデル:フィッシュ
・長さ:178cm
・フィン:固定ツインフィン
・付属:リーシュ、ニットケース
・価格:¥40,000-(税込)
・送料:¥6,500-

f:id:SEAKONG:20150320225520j:plain

ボリュームのあるツインフィンフィッシュです。

テール部分に小傷があり、ボトム面に一カ所小さなクラックがございますが、いずれも致命的な損傷ではございませんので、ソーラーレジン等で簡単に修理していただけます。
その他に目立った損傷はございませんのでまだまだご使用していただけます。

ツインフィッシュのルースな乗り味を試してみたい方や、セカンドボードをお探しの方にも大変おすすめのボードです。

⇒このボードのご予約、お問い合わせはこちら

 

 

●ブランド:Y.U
・長さ:6.5ft
・フィン:トライフィンBOX
・付属:センターフィン、サイドフィン
・価格:¥35,000-(税込)
・送料:¥6,500-

f:id:SEAKONG:20150320225412j:plain

Y.Uのハイパフォーマンスモデルです。

レールに数カ所小さなクラックがありますが浸水するような損傷ではございません。
フットマークもそれほど無くまだまだご使用していただけるコンディションです。

⇒このボードのご予約、お問い合わせはこちら

 

 

●ブランド:DESTINATION
・モデル:ファンボード用ハードケース
・長さ:7.6ft
・価格:¥8,500-(税込)
・送料:¥6,500-

f:id:SEAKONG:20150320225711j:plain

ディストネーションのファンボード用ハードケースです。

中のワックス汚れも一切ございませんので新品同様のケースです。
新品をお探しだったお客様には大変おすすめのケースです。

⇒こちらの商品のご予約、お問い合わせはこちら

 

 

シーコング

 

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

藤沢店の田中です。


今日も朝からロビンとジャレッドのメールの応酬です。


先日のダクトテープでは惜しくも1回戦で敗退した二人ですがダクトテープにおいては必要不可欠ともいえるトップスターであるということに異存を唱える方はいないと思います。


そもそも彼ら二人はコンテストというカテゴリーにあてはまらないサーフィンをするので結果を求めることは酷なのですが・・・


ロビンは幼い頃からコンテストでは上位入賞の常連で同世代のサーファーの中でも突出した存在でした。しかし体格が急激に発達した頃からノーズライディング主体のサーフィンとは一線を画したライディングをするようになり、そして“我が道を行く”というスタイルはボード作り同様に他のサーファーとは向かっている視線の違いを感じさせます。根本的には誰よりも力強く正確に60年代のサーフィンを体現しているといえるでしょう。

 

f:id:SEAKONG:20150320172926j:plain

●今大会でも随一の豪快なカットバック(ポルトガル人のANDRÉのFACEBOOKから勝手に拝借しました)

 

対してジャレッドは簡単に言えばジャッジの予想を超えたライディングで「点のつけられない」サーフィンを得意としています。右に左に逆方向に、そして回転技。コンテストのMC泣かせなことは昨年のスタイルマスターズで実証済みです。だからあの大会で優勝できたことは本人的にはかなり大きな出来事だったようです。

 

f:id:SEAKONG:20150320172948j:plain

●これも点が付けられない象徴的なライディングです(ことらもポルトガル人のANDRÉのFACEBOOKから勝手に拝借しました)

 


その二人が今日、なぜメールをたくさん寄越しているかというと、まずロビンは広告に使うイメージ写真を頼んだことから始まりました。


次号の雑誌にガトヘロイのイメージ写真が必要になったのですが、思えば1年以上ロビンとは会っていないので新しい写真を持っていませんでした。そこで「大至急写真を!」とメールしたところ、まず「どんな雑誌?とにかく今から作るよ」と返信が来ました。

その後、まず1枚の写真が送られ、1分後には「さっきのは止めて、こういうイメージで写真を加工してほしい」と中央に波を配し、白黒のクラシックなライディング写真とシェープ写真を並べ、クリームのアブストラクトとガトヘロイのクリアーボードを並べ・・・」

私:「ちょっと待って、今回はガトヘロイだけだから」と、私。

ロビン:「わかった。今作ろうとしてるんだけどフォトショップの使い方を忘れちゃったんだよ。だから代わりに作って、えーと、全体を波で2分割し、ロゴを白い波の上に黒で・・・」

ロビンより:「できた。これを使って・・・」

私:「オーケー。サンキュー」

ロビン:「やっぱり、これにして」

私:「わかった。じゃあこれを提出するよ」

ロビン:「ちょっと待って、こっちに変更して」

私:「うん、この方がわかりやすいね。じゃ変更するよ」

ロビン:「こっちの方がいい?」

私:「もうこれにするよ」

ロビン:「少し変えたんだ。これはどう?」

私:「もう締め切りなんだよ」

ロビン:「そうか、じゃあ、これを使って」

私:「本当にこれでいい?」

ロビン:「パーフェクト!」

 


ジャレッドからはウェットスーツのサンプル確認のための来日の予定のメールです。


ジャ:「3月28日、29日で日本に立ち寄ろうと思ってるんだ」

私:「週末だから工場がやってないんだよ」

ジャ:「じゃ1日と2日は?」

私:「2日からカリフォルニアに行くんだよ。前に言ったじゃん」

ジャ:「それでは31日と1日は?」

私:「何時に着いて、何時に帰るの?」

ジャ:「予約していい?」

私:「だから何時に着いて、何時に帰るの?」

ジャ:「ちょっと待ってて」

私:「???」

 

まあ、普通の人だったらあのような突出した個性は生まれてこないのでしょうが・・・・


ところで1月に渡米していた新井と高木が撮影したロビンの映像をアップしました。

なぜこんなに遅くなってしまったかというと、慣れない撮影であったようでとても使いづらく、没にしようかと思っていたからなのですが、やっぱりちょっと勿体ない気がして何とか仕上げました。

とても自慢できるようなものにはならなかったのですが、シングルフィンロングボードのスタイルとしては秀逸なライディングだと思います。

これもまたシングルフィンロングボードの乗り方のひとつの形だと思っていただければと思います。

 

 

 

それでは楽しい週末をお迎えください。


シーコング藤沢店
田中

 

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

こんばんは。

本日から大阪店勤務の新井です。

再来週の水曜日まで、どうぞよろしくお願い申し上げます。

普段は水曜日にスタッフの交代があるのですが、今回はちょっとイレギュラーで金曜日の交代となりました。

そのせいもあってか、普段なら車で5時間ほどで到着する道中も、今回は週末という事もありまして、訳7時間ほどかかってしまいました。


昨日は平塚に「2時前に着くように行きますねー」と伝えておりましたが、結局大阪店に着いたのは3時半過ぎ、おそらく帰りは大渋滞にはまっているのではないでしょうか?

久しぶりなのになんだか申し訳ない気分です。。。


普段は2週間のローテンションで大阪勤務をしておりますが、今回はわたくし1週間の冬季休暇をいただきましたので、約1か月ぶりの大阪店です。


久々に来てみると、珍しいボードがございました。

こちらのボードです。

f:id:SEAKONG:20150320203007j:plain

f:id:SEAKONG:20150320203017j:plain

f:id:SEAKONG:20150320203027j:plain

●ブランド:ガトヘロイ
・モデル:ブローダート
・サイズ:9.8ft
・フィン:シングルグラスオン
・価格:¥277,000-

2013年11月に行われたトーマス・キャンベルのアートショー「SLIDE YOUR BRAINS OUT」に出品されたボード。

トーマスの依頼によってロビン・キーガルがシェープをしコラボレーションが実現した。

トーマスが愛用するスキップ・フライのグライダータイプのボードをモチーフにロビンがアイデアを注入し、至極のボードとして強烈な存在感を放っている。

“木版画” by トーマス・キャンベルの8オンスボランクロスを使用、フォームTバンドストリンガー、グラスオンフィン


今年の初めにカリフォルニアへ行った際、ロビンと会い、一緒にリンコンでサーフィンをしましたが、彼がその際に使用していたボードにどことなく雰囲気が似ております。


世界屈指のレギュラーブレイクのリンコンですが、コンディションによってはとても早く掘れた波になることもございます。

当日はサイズは腹、胸程度でしたが、ミドルセクションがつかまりやすく多くのサーファーが早く、掘れる、波につかまっており、苦戦を強いられておりました。

そんな中、一際、目立っていたのがロビンでした。

彼ひとりだけが、その早いセクションを攻略し、インサイドまでのロングライディングをメイクしておりました。

その際に使用していたのはこんなテイストのボードでした。

全体的にシャープなアウトラインで、ロッカーは抑えてあり、水の抵抗を軽減させ、尚且つ適度な重量も加わり波を切り裂くように高速で滑ります。


シャープなデザインはデザイン的にも恰好よく、シンプルでありながら、上品なオーラを放っており、ついつい欲しくなってしまいます。※危ない危ない。。。

 

お時間のある方は、ぜひとも今週末に、いろいろなボードをチェックしにご来店いただければと思います。

 

それでは皆様、良い週末をお過ごしください。


シーコング大阪店
新井
072-227-5710

 

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

こんにちは大阪店の平塚です。
約2年ぶりに2週間ほど勤務した大阪店も
今日の午後に新井と交代してお役御免となります。


2年ぶりなのでお客様も様変わりして
私のことを覚えている方も少ないだろうな
と思いながら来てみましたが、わざわざ顔を見せにいらしてくれる
お客様もいらっしゃって、大変嬉しかったです。


この場を借りてお礼申しあげます。
有難うございました。


関西のサーファーは冬場は日本海で入ることが多いと聞きます。
日本海側へ行くには冬用のタイヤが必要とか。
海に行くのに冬用のタイヤに履き替えてドライスーツを着て
と聞くだけで、結構ハードコアな印象があります。


でもようやく海に出るには良い季節となってきました。
何かサーフィンのことで分からないこと、ご要望などありましたら
お気軽にシーコング大阪店のスタッフを頼っていただければと思います。

 

皆様のご来店、お問い合わせお待ちしております。

 

シーコング