Seakong Shop Blog

シーコング各店より毎日お得な情報をお届けいたします。

シーコング各店より毎日お得な情報をお届けいたします。
シーコングのホームページはこちらからご覧いただけます>>>

20150815140155
20170504113209

藤沢店の田中です。



まことに申し訳ございません。明日入荷の予定だった「ガトヘロイ&クリーム」が“ボージョレヌーヴォー”という思ってもみなかった敵に粉砕され成田の到着が明日の午後となり、お店への到着が月曜日となってしまいました。楽しみにお待ちいただいていた皆様、本当に申し訳ございません。改めてお詫びさせていただきます。



そのようなわけで、来週はガトヘロイ、クリーム、そしてウェーバーの3ブランド合計34本が入荷いたします。


ウェーバーの中には長らくお待たせしているカスタムオーダーのボードも数本含まれております。


是非、楽しみにお待ちください。



それでは今回入荷予定の各ブランドのボードをご紹介させていただきます。


◆ファットキャット(今回の入荷はすべて“サンドグロス”フィニッシュです)
ウェーバースタイリストに勝る性能として大人気をいただいている“最速テイクオフ&スーパーイージーコントロール”ボードです。この1本があれば、もう他に何もいらないくらいに関乗りやすいボードです。

・9.2ft × 5本
・9.4ft × 5本
・長さ不明 × 5本(2本はダブルストリンガーです)


ファットキャットをご購入いただいた皆様のご感想

ファットキャットのプロモーション映像★ロビン・キーガル

EXOTIC AQUATIC DANCES _ THEKEGEL from Jan Latussek on Vimeo.

ファットキャットのプロモーション映像★クロビス・ドニゼッチ

Fat Cat de Crème from gatoHeroi on Vimeo.





◆プレジャー
元々アレックス・ノストのために作っていた『ニュープレジャー』の復刻版です。ピッグ形状、スカッシュテールのクラシックログでキュイエールとプレイボーイの中間に位置します。すべてのボードはロビンによるハンドシェープです。現代のロングボード界の最高峰イベント「ダクトテープ」で演じるサーファーたちが愛用するボードの原点です。シングルフィン愛好家、ファットキャット、ウェーバーからの少しのレベルアップを目指す方にお勧めです。

・9.4ft (グラスオンフィン)
・9.4ft
・9.4ft
・9.6ft (グラスオンフィン)/ご予約
・9.6ft /ご予約


◆NEWプレイボーイ
ショートボードレボリューションへと続くラディカルなロングボードの最終形です。フラットロッカー、薄く完璧なレールフォイル、Vボトム、スクエアテールによって今までのロングボードでは体現できなかったスピードに乗った動きが最大の魅力です。

・9.6ft × 1本(ボラングリーン、サンドフィニッシュ)



◆スペースピッグ
コシハラ以上のサイズの波を自由に満喫できるボードです。ピッグ形状はショートボードレボリューションへと続く進化の過程であり、テールコントロールによるボードの動きを最大限に引き出しています。そんなにボードを短くしなくても、この長さで十分に自由を楽しめるということを実感できます。

・8.2ft × 1本



◆シェード(ショートボード)
このボードのインフォメーションは残念ながらありません。入荷後、詳細をアップさせていただきます。

・6.0ft × 1本/ご予約



◆スムースオペレーター
ロビンが長年愛用するピンテールピッグのクラシックログです。ピッグ特有のボードが波のポケットに入る感覚、超高速はノーズのフィーリングを軽く感じさせ、ボードコントロールが驚くほど簡単です。初めてガトヘロイのボードに乗るのであれば、このモデルをお勧めします。

・9.8ft × 1本(3ストリンガー仕様です)/ご予約



ガトヘロイ最新映像

Gato Bask journal I. from gatoHeroi on Vimeo.






■スタイリスト
めっちゃ速いテイクオフと超簡単なボードコントロールが自慢です。今のボードで苦労をしている皆様、このボードがあればもうせっかくの休日に悔しい思いをせずにすみます。

◆スタイリスト
9.2ft #17445 クリアー、Tバンドストリンガー
9.2ft #17447 オフホワイトピグメント
9.2ft #17448 ベイビーブルーピグメント
9.2ft #17449 ブラキッシュレッドティント
9.4ft #17452 ブラキッシュパープルティント
9.4ft #17453 ブラキッシュブルーティント
9.4ft #17454 ウェーバーレッドピグメント
9.6ft #17455 クリアー、Tバンドストリンガー、デッキパッチ
9.8ft #17457 クリアー、Tバンドストリンガー、ブラックサイドパネル&レッドストライプ
9.8ft #17382 マスタードピグメント(ご予約)



■パフォーマー
幅広いアウトラインとテールによって銀河系一のテイクオフの速さで周りのサーファーをすべて置き去りにします。テイクオフだけでなくチームライダーの戸井田雅秋はこのボード1本でNSAのマスタークラス全日本チャンピオンに輝いたほどポテンシャルを秘めています。

9.6ft  #17441 6インチウェッジフォームTバンドストリンガー、ダークグリーンレールパネル(ご予約)
10.0ft #17321 ブラック&レッドカスタムカラー グラスオンフィン(ご予約)




//////////////////////////////////////////////////////////////////




続きまして今朝ツイッターでお知らせしたトーマス・キャンベルのアートショーです。


発売された『サーファーズジャーナル』のロビンの特集の中でもトーマス・キャンベルの写真が数枚掲載されていますが、ここ数年、DVD「PRESENT」以降、あのトーマス・キャンベルもまたロビンを追っていました。

トーマス・キャンベルといえば「SPROUT」、「PRESENT」などでご存じのようにアレックス・ノストを追いかけているような感じがしますが、2006年11月カリフォルニアのハンティントンビーチで行われた「Stiletto Show」ではCJネルソンとアパレルブランド「ポールフランク」とロビンのボードによるコラボレーション企画の監修も行っていてロビンとは旧知の仲です。ただしお互いに気難しくそれ以来ムービーなどの話が何度も持ち上がったにもかかわらず、実現しませんでした。

ロビンがフランスに拠点を移した後も「トーマスが来てるよ」と何度もロビンから聞いていたのですが、どのような展開になっているかは詳しく聞いていませんでした。

ところが今朝、「トーマス・キャンベルとのコラボでボードを作ったから来週送るから。それとフライヤーも送るから」と、一方的にロビンからメールが送られてきて、事の成り行きがわかったわけです。

と、実際のところはあまりわかっていないのですが、ロビンとトーマス・キャンベルのコラボレーションボードが4本展示されるようです。

⇒『SLIDE YOUR BRAINS OUT』

お近くの方、ご興味のある方、またそうでない方も、是非、足をお運びください。

詳細が届き次第、ご報告させていただきます。





//////////////////////////////////////////////////////////////////




今日も藤沢店には中古ボードが入荷しましたのでご紹介させていただきます。



●ブランド:くげぬまサーフボード
・サイズ:6.11ftx53㎝x7㎝
・フィン:5フィン
・付属品:クァッド用4フィン
・価格:¥63,000-

湘南辻堂のローカルブランドのカスタムシェープボードです。

デッキに少しだけフットマークはありますが、その他は凹みや傷もなく大変きれいなコンディションです。

このボードのご注文、お問合せ




//////////////////////////////////////////////////////////////////


最後となりましたが、ここの所サボっていたサルジニアトリップの続きです。




ショーの翌々日、朝からロビンが近づいてきて私に尋ねました。「どうする?もうフランス人たちは怒り狂ってるんだ。あいつら毎晩遊んだせいでもう金がないらしいんだ。だからトリップに行かずにもう帰りたいって言ってるんだ。それに地中海に波なんてないって決めつけてるし」


私もフランスチームの欲求不満が溜まっているのは薄々感じていました。なにしろローマに来て早1週間。海に行ったのは1回だけであとはひたすら飲んで食って、飲んで食って、そして翌日、毎回のごとく翌日に後悔し・・・そしてまた食って飲んで


ホバンとゴールデンはまだ26歳。遊びだけではエネルギーが消費できません。日ごとに「波、波、波」と口にしだし、とうとう帰りたいと言い出したわけです。


そこで私とロビンは画策し、「今晩の船でサルディーニャに行こう」と決めました。本当は波が来るのは3日後とわかっていたのですが、ここローマに留まっていても何も解決しません。とにかく新しい空気が必要でした。「船に乗せてしまえば、しばらくおとなしくしてるだろ」と期待し、全員に「今晩出発」と伝えたのです。


急遽、フェリーのチケットを予約しました。車が3台。一行は10人。ローマ近郊のチビタベッキア港を夜の10時に出発し、翌朝6時サルディーニャのオルビアに到着です。一人約70ユーロ(9100円)。想像以上の巨大なフェリーを前にした私たちはこれから待ち受けるサルディーニャの旅に期待を膨らませるのでありました。


翌朝5時過ぎ、予定より1時間も早くサルディーニャに到着し、すぐさま島の北西部に向かいました。予想される波は北西方向からサイズアップし、徐々に西サイドを南下し、南西部に向かうということでまずは北西部をチェック。予想通り波はありませんでしたが、ポテンシャルを感じるその絶景に一同は目を引き付けられました。



とりあえず南下し、サッサリという街に向かい市場の片隅で食事をとり、今回のベースキャンプのオリスターノの近郊の“Turismo Rurale Menhirs”に向かいました。



途中の景色に今後の波を期待し興奮冷めやらぬ私たちでしたが、ホテルに着くや否やついにフラストレーションが爆発し、その後に続く争いが勃発しました。それは予想していたフランス人とイタリア人の間ではなく、なんとロビンとカメラマンのペロさんの間で起こったのです。



・・・続く



ヨーロッパでの写真は私の“FACEBOOK”アップしていますので是非ご覧ください。

FACEBOOK





それではよい週末をお過ごしください。



シーコング藤沢店
田中




/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


こんばんは、大阪店の渡辺です。

最近は湖状態の磯ノ浦ですが、来週は風波が反応する予報がでています。
無休のため日本海方面に行く事ができない私は海水が恋しいです。


本日は名古屋方面から遥々車で3時間かけてご来店いただいたお客様がNEWボードをピックアップされて帰りました。
波が無い日は波情報を気にせず安心してゆっくりとボードをご覧いただけると思います。


週末、シーコング大阪店へご来店をお待ちしております。



さて、本日も中古ボードが大量に入荷しております。
一挙にご紹介します。



●ブランド:クリーム
・モデル:ビーチボールNR(ナローモデル)
・長さ:9.8ft
・フィン:シングルフィンBOX
・付属品:なし
・価格:¥115,500-


ロビンの意向で惜しまれつつ廃盤となった伝説のモデル「ビーチボール」。
そのビーチボールを原型によりナローなアウトラインを持ち数量限定で生産されたビーチボールナローモデルが中古で入荷してまいりました。
従来のビーチボールよりも操作性とスピードに優れ、入荷するたびに即完売の大変人気のモデルでした。
現在でも探しているお客様も多いのですが、なかなか中古ボードが出て来ないモデルのひとつです。
ビーチボールが幅約60cmに対し、ナローモデルは約58cmです。
デッキ面に中央部に剥離の修復を行っておりますがプロショップで施工しているので大変きれいに仕上がっています。
ご使用によるフットマークとエクボ程度の凹み、当たりスジがございますが、浸水する傷はなくきれいなコンディションです。
カラーリングも現在では稀少なアブストラクトカラー(デッキ面とレールは2ウェイ、ボトム面はドリッピング)です。

前オーナー様も乗りやすくて大変気に入っていたボードですが、このたびNEWボードをご購入のため泣く泣く手放されます。


ご注文・お問い合わせはこちらから>>>




●ブランド:NOBRAND
・サイズ:9.1ft × 幅22 3/4 × 厚さ約6cm程 
・フィン:2+シングルフィンBOX
・付属品:センターフィン、サイドフィン
・価格:¥63,000-



鎌倉の老舗ブランドNOBRANDのパフォーマンス〜オールラウンドタイプのボードです。
ご使用によるフットマークとエクボ、軽い当たり傷はございますが、浸水する傷はなくすぐにお乗りいただけます。
幅も適度にあり、女性の方やマニューバー志向の強い方におすすめ1本です。

ご注文・お問い合わせはこちらから>>>




●ブランド:ディックブリューワー
・サイズ:9.2ft 幅21 3/4 × 厚さ 2 11/16
・フィン:トライフィン
・付属品:センターフィン、サイドフィン
・価格:¥45,000-



下重氏シェイプのパフォーマンスタイプのボードです。
ご使用によるフットマーク、リペア痕、小傷、凹みがございますが、まだまだお乗り頂けます。
シャープなアウトラインで取り回しが良さそうで女性の方やマニューバー志向の強い方におすすめ1本です。

ご注文・お問い合わせはこちらから>>>




●ブランド:アネラ
・長さ:9.4ft
・フィン:2+シングルフィンBOX
・付属品:センターフィン、サイドフィン
・価格:¥65,000-


マメ増田氏がプロデュースのする湘南ブランド、anelaの適度のボリュームもありクセの無さそうなオールラウンドタイプのボードです。
使用回数も少なく、うっすらフットマークとボトムにリペア痕が1箇所あるのみのきれいなコンディションです。
波質を選ばずに使えそうです。これから格安でロングボードを始める方にもおすすめです。


ご注文・お問い合わせはこちらから>>>




●ブランド:AVILA
・サイズ:6.0ft 幅21 1/2 × 厚さ2 1/2
・フィン:キールオンフィン
・付属品:なし
・価格:¥45,000-



カリフォルニア・サンディエゴのブランド「AVILA SURFBOARDS」のレトロフィッシュです。
スケートボードのようなルースな乗り味を楽しめる1本です。
ご使用によるフットマーク、リペア痕、小傷が複数ございます。
ソーラーレジンなどのかんたんなリペアですぐにお乗りいただけます。
ボトム面のカラーリングはアーティスティックなアブストラクト仕様です。


ご注文・お問い合わせはこちらから>>>






シーコング大阪店
渡辺

///////////////////////////////////////////////////////////////////


こんばんは、篠崎店の平塚です。
昨日藤屋店長がご案内したロングボードがショートボードに移行する
いわいる“ショートボードレボリューション=パラダイムシフト”について
なるほどーと読んでいましたら、篠崎店にあるオンザボードのバックナンバーで
まさしくその時期に隆盛を極めたオーストラリアのサーフブランド
Keyoの特集を発見しました。




この文では、どのようにボードが短くなっていったかについて
以下のように書き始められていました。



1960年代当時、サーフボードと言えば当然いまでいうロングボードのことを指していた。
9フィート以上をロングボードと定めたのはコンテストにおいて
後にショートと差別化するためであって、ショートボードが生まれるまでは
一般のサーファーにとって長さの規模やカテゴリーは今ほど気にされていなかった。
60年代のサーフスターといえばミッキー・ドラ。
誰もがそのサーフィンを手本にしていた。
今でいうクラシックなカリフォルニアン・スタイルだ。
59年の映画「Gidget」の影響で、とにかくカリフォルニアでは空前の
サーフィンブームとなり、ビーチは大混雑し、サーフボードは飛ぶように売れた。
まさにサーフィン全盛期である。
カリフォルニアが活況に沸いている1961年、オーストラリアでは
ひとりの16歳の少年が初めてフォーム製のサーフボードを手に入れる。
それは当時こども用に作られたといわれる6'6"のボード。
実際少年が欲しかったのは9'6"のボードは28£したのだが
彼は21£しか持っていなかったのだ。
少年の名はボブ・マクタビッシュ。


・・・・という具合に進んでいき64年から67年にかけて
(ナット・ヤングが1966年SAMという短いボードをサンディエゴで行われた
ワールド・コンテストに持ち込み優勝したのは有名な話)
ショートボードレボリューションがどのように進んでいったの軌跡を
7Pに渡り解説されています。


そして藤屋店長が昨日紹介した映像から8年後の1977年
マイケル・ピータソンの映像をご覧いただくと
もの凄い速さでボードの長さが短くなり
短くなったことでサーフィンのスタイルも大きく変わったことが分かります。


■Searching for Michael Peterson - OFFICIAL TRAILER - SURF



そんなマニアックなサーフィンの世界が気になる方は
週末お店の方に遊びにいらして藤屋店長とサーフィン談義に
花を咲かせていただければと思います。


それでは良い週末をお過ごしください。


シーコング