読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Seakong Shop Blog

シーコング各店より毎日お得な情報をお届けいたします。

シーコング各店より毎日お得な情報をお届けいたします。
シーコングのホームページはこちらからご覧いただけます>>>

20150815140155
20170504113209

こんにちは。
1年の内、2月18日〜21日までが一番寒いと勝手に信じ込んでる平塚です。


その寒さも、もう半月もすれば和らいでくれることを願いつつ
皆様寒さに負けず海に行かれてますでしょうか?


今日は前回触れたアレックスのBMTネタを引きずりまして
私見を交えてボードの説明をしたいと思います。


その前に、一昨年から夏季限定でオープンしている大阪店の話題です。
実は私、ちょっと今年の店舗物件を見に、明日大阪に行ってきます。
行くのか帰るのか微妙なとこですが・・・
今年は路面に店舗展開できないかと1月頃から問合せを出して
いくつか紹介いただいた物件の内覧です。


エリアは堺エリアになると思いますが
駐車場が必要だな・・とか
海帰りでも寄りやすいところ・・・とか
電車の人も来易いところ・・・とか
天井が高くないとボードが置けないなぁ・・・とか
壁床ないと店舗の造作が大変だなぁ・・・とか
各方面より無責任な要望が出ておりますが
見て独断で決めちゃいたいと思います。


期間は4月20日以降になると思いますが
場所と期間が決まりましたら早めにお知らせしますので
大阪の皆様、もう暫くお待ちください。
そして今年もお手柔らかにお願いします!


また個別にオープンのお知らせが欲しい方は
info@seakong.com
こちらに空メールをお送りいただければ
詳細が決まり次第、メールにてお知らせいたします。
※携帯の方はPCからのメール受信設定をご確認ください。


前置きが長くなりましたが、前回最後にポロッと書いたとおり
個人的にBMTのラインアップの中で一番気になってるのは
ピンテールショートボードです。
このピンテールショートボードについて私見を書いてみようと思います。
あくまで私見なので予めご了承ください。



ワイデストポイントがノーズ寄りに置かれ
テールが驚く程絞り込まれたアウトラインが特徴的です。
またボランクロスにワイドラップというクラシックなテイストながら
サンディングフィニッシュで仕上げられており
カラフルなレジンワークを多用したデザインを主としてきた
最近のロングボードデザインをシンプルな方へ動かしそうです。


見た目の格好良さは「流石アレックス」なのですが
ワイデストがかなりノーズよりに置かれたアウトラインの意味は
レールの落とし方を見ると「なるほど」と納得できます。



ご覧の通り、ノーズ寄りのレールはかなり厚めに残されています。



一方テール寄りは、ノーズの厚さに対して、薄めのダウンレールになっています。



写真では分かり辛いですが、全体のボリュームがセンター〜ノーズ寄りにあります。



デッキ面のロッカーは「ど」フラットです。


デッキパッチの位置もノーズ寄りに置かれており
想像するに、通常のトリムはセンターより若干ノーズ寄りのスタンスになります。
ノーズ寄りでトリムするように厚みもノーズ寄りに残しています。


そしてセンターから極端に絞られたテールの4〜6インチは
緩やかなレールラインを作る為のもので
この緩やかなカーブを描いたレールラインが
スピードと伸びのあるターンを可能にします。


テールエリアのレールラインが丸みを帯びたカーブのボードが
小波でクルクル回るターンをイメージした場合
このように緩やかなレールラインを持つボードは
ボトムから「グィーン」と伸びるターンを描くというイメージです。


サンタクルーズのダクトテープで他のサーファーが
早いセクションで捕まっているのを尻目に
狂ったようなスピードでマニューバーを描いた
あのターンをイメージしてもらえれば分かりやすいでしょうか。

■Alex Knost on FIRE!! Duct Tape Invitational in Santa Cruz


先日も書いたとおりBMT、のんびりと進んでいるようですが
次回入荷予定など含めて未定となっております。
今の在庫限りで終了?何てことも考えられますので
選べる在庫のあるうちに実物をご覧になってはいかがでしょう?


ブラウンマイクロウェーブテレビジョンの在庫>>>


また個人的に好きなフィルムメーカーのJack Colemanが
アレックスの動画を更新していたので併せてご覧くださいませ。



■Transparent Pleasures - "surf film trailer"

Transparent Pleasures - "surf film trailer" from jack Coleman on Vimeo.


■Alex Knost Though the Eyes of Jack Coleman

Alex Knost Though the Eyes of Jack Coleman from RAEN Optics on Vimeo.


RAVENのプロモーション用フィルム繋がりで
アレックス・コップスの映像もありましたのでおまけにどうぞ〜。

■Through the Eyes of Alex Kopps

Through the Eyes of Alex Kopps from RAEN Optics on Vimeo.



おまけのおまけ!
昨日、田中より告知がありました今夏入荷予定のレディーススイムウエア
「Seea」がinspirationにブースを出していたそうです。


その模様を元テレビ朝日のアナウンサーで
現在カリフォルニアで学生生活を送っている
龍円愛梨さんのブログで紹介されていましたので
こちらもチェックしてみてください。
龍円愛梨のカリフォルニア学生LIFE>>>

以上、長々と失礼しましたー。


シーコング
平塚