Seakong Shop Blog

シーコング各店より毎日お得な情報をお届けいたします。

シーコング各店より毎日お得な情報をお届けいたします。
シーコングのホームページはこちらからご覧いただけます>>>

20170919112233


今日は火曜日ですが、ロビー達に付き合って仕事しています。


先日はカスタムオーダーの夕食会にご参加していただいた皆様、まことにありがとうございました。


●非常に背の高い3人


●金魚を見つけるロビー


また店頭で偶然ロビーに出くわし、ボードをご購入いただきました方々、本当にありがとうございました。偶然のタイミングとはいえ彼らも大変喜んでいました。

●ご購入いただいたボードにサインするロビー


先週の木曜日に来日し、早6日目を迎えましたが、実際に仕事を始めたのは昨日の午後からです。

来日後は赤坂に滞在し、時差ぼけを直すために日中はなるべく外に出ず、暗くなってから明け方まで六本木で過ごしていました。前回立ち入り禁止になったはずの、行きつけのロシア人の女性が集まるクラブが妙にお気に入りで、あくまでも時差ぼけを直すために3日間通ったようです。


日曜日は新国立美術館で行われている「シュルレアリスム」に行こうということになり、仕事の前に寄って来ました。「シュルレアリスム」は、1920年代にパリで興った芸術運動で、芸術のみならず文化全体、生活全般にまで影響を及ぼしたようです。「アブストラクトアート」などもそういうところから生まれたようです。私はよく知りませんが、ロビーはこのようのことにかなり博識でエキサイティングしていました。アブストラクトカラーのボードがお好きな皆さんも足を運んでみたらいかがでしょうか・・・・



そして、仕事が始まりました。


今までの表情とは一転して、超仕事モードです。オールハンドシェープなので1日2本のシェープしかできません。

ここで今回の来日メンバーを紹介させていただきます。


ラミネーターとして何度か来日経験のあるエバンはこのままオーストラリアに引越し、オーストラリアでガトヘロイのボードを作ります。
今回は、ジョンがシェープするクリームのボードのラミネートとカスタムボードチームボードのカラーを作ります。


●作業用のマスクを探すエバン


●臨戦態勢のエバン



すでにカリフォルニアで一般に販売されているガトヘロイをシェープするジョンは、オーストラリアの後はカリフォルニアに戻り、カリフォルニアのガトヘロイとシーコング用のクリームの一部を作ります。今回はチームボード1本とクリームのボードをシェープします。


●短パンにピーコート、そしてスーツケースを持参してシェープルームに向かう若きジョン・ウェズリー


●ロビーが最も信頼するシェーパーのジョン


そしてロビーはオーストラリアの後は一旦カリフォルニアに戻り、その後、ヨーロッパに約半年間滞在し、フランス、スペイン、イギリス、フランスの各地でカスタムボードをシェープし、モロッコに向かうようです。その間、夏に一度来日しボードをまとめて作る予定です。
今回はチームボード3本と11本のカスタムボードのシェープとラミネートを行います。


●強烈なオーラを発するロビー



※エバン、ジョンのシェープするガトヘロイのボードはロビーが最も気に入ったボードをスキャンして作られるため、オリジナルに最も近くカリフォルニア、オーストラリアではすでに一般的に販売されています。ロビーは主に、プロトタイプ(常に新しいものを追求して作られるベストのボード)と各地でのカスタムボードを作ることに専念します。またヨーロッパと日本では、まだまだ「ロビー本人への志向」が強いため、現地での生産を増やしていく予定です。


今後も、できるだけ毎日写真を撮影し、紹介させていただく予定です。


ということでガトヘロイの「オールハンドシェープ by ロビー・キーガル」はますます入手が困難になってきます。
今回のカスタムオーダーを逃した方は、是非、近日入荷する、ガトヘロイ by ロビー・キーガルにご注目ください。

シーコング