Seakong Shop Blog

シーコング各店より毎日お得な情報をお届けいたします。

シーコング各店より毎日お得な情報をお届けいたします。
シーコングのホームページはこちらからご覧いただけます>>>

20170919112233

先日入荷しました新しいコンセプトのデイリードライバーについて早速ご感想を頂きましたのでこの場でご紹介したいと思います。

以下転載

                                                                                                        • -

当方171?、78kg、52歳の週一サーファーです。
先日SK錦糸町店のスタッフに薦められガトへロイ・デイリードライバー9.8を購入いたしました。
8月23日の午後2時頃から日没まで初め腹〜胸、夕方胸〜肩の千葉南某ポイントで初乗りしましたので、第一印象をレポートします。


ボードの第一印象は、「とにかく細い。テイクオフはどうかな?」という不安が頭をよぎりました。
ボードの幅は多分54センチ程度(21+1/4位)、レールは60/40。なんともバランスの良いロッカーです。


引きいっぱいから上げ始めに入水。普段スタイリスト9.4、ダノーダブルエンダー9.6、オールドプレジャー9.6、ナインティーン9.6などクラシック系のボードに乗っているため、最初デイリードライバーではパドルの際のフラツキ感がありましたが、小一時間程度で体に馴染み、心配したテイクオフもいつものボードに乗った知り合いに引けを取ることは無く、スタイリストは別格ですが、波も良かったせいかダブルエンダー9.6、ナインティーン9.6と同等のように思われました。


パドル、テイクオフ以上に驚いた点があります。とにかく滑りが良くスピードがずば抜けて速いことです。当日は約半分がダンパー気味の速い波でしたが、自分でも実感していましたがビーチで見ていた知り合いから「絶対に食らった!と思った波全部を滑り抜けメークしていた。」と言われる程でした。とにかくダウンザラインでのレールの入り具合が良く、体が置いていかれるようなスピードです。ターンも「ツルッ」とした感じでレールの切り返しが目線を変えるだけでOKという操作性(操作なんて意識しなくても良い)です。


フィンについては、グリノー4A9.75をセンターに装着しましたが、最初のボトムターンとトップの切り返しではあまりのスピードで感じませんでしたが、クローズアウト後のスープセクションとその後に出来たフェース部では、フィンベースの広さを感じました。グリノー4Aよりベースの狭いフィンのほうが良さそうに感じました。


デイリードライバーについては、ファンボードやフィッシュ、9.2位までのパフォーマンス系のボードに乗られている方でシングルフィンをお考えの方には、とても楽しいボードになるように思います。また、普通のロングボーダーでも普段使用しているボードより2インチ長めを選べばとても楽しくカッコイイボードになると思います。私は、もっとシャープなフィンを付けて台風スウェルなどスペシャルな波用として使用したいとソワソワしています。もちろん普段の波でも使っていきます。


最後ですが、私の息子と同い年のロビー。SKさんのHPのボード説明の通りの乗り味から、若いにも拘わらず「こうすれば・・こんな乗り味。またこうすれば・・こんなターンなどetc」彼の頭の中ではボードシェープに関するデミングサークルがぐるぐる回っていて確かなノウハウと技術があるんだと改めて驚かされました。

                                                                                                        • -

転載終了


見るからに細身のアウトラインとしっかりとした重量感、ロッカーバランスで新たな乗り味を作り出すガトヘロイのロビーキーガル。このデイリードライバーだけでなく、どのモデルも徹底的に考え抜かれた妥協を許さないシェイプコンセプトとテクニックを余すことなく注ぎ込んでいます。
見た目のデザインと派手なライフスタイルが先行しがちですが、全てにおいて妥協を許さない、10年に一人の天才が作り上げるボードを是非一度お試しください!!


今週末から急遽来日が決まりましたが、今回は「神様ジョンペック」との来日を予定しており、またまたどんな滞在になるのか楽しみですが、詳細な滞在スケジュールは改めてお知らせしたいと思います。
是非お楽しみに。



最後に今年の2月、サンオノフレでのロビーのライディングです。使用しているロングボードはデイリードライバー9.6ftです。
ボード選びで迷われてる方、是非ご参考にしてみてください。